« あけましておめでとうございます | トップページ | これが全員集合俳句・・・って(BlogPet) »

2006年1月 4日 (水)

白夜行

白夜行  東野圭吾  集英社

東野作品の中でも好きな本作を今年映画化されるということでお正月休みに再読しました。

発刊時に読んだのでかなり昔になります。そういえば、「幻夜」という続編ではないのですが、対ともいえる作品も読みました。

「白夜行」ですが、やはり読後感は「苦しい」、です。前も読後「苦しい」という気持ちでいっぱいになりました。初読よりも細かいことが見えて十二分に味わえたのですがこの点はかわらないですね。主人公がこのまま自分の道をひとりで歩いていくんだな・・・そればかりが私を覆います。決して同情じゃありません。そういう人物ではないのです。ただ、そう思うだけというのが、彼らなんです。

これを映画化するんだぁ、脚本がとても気になります。原作を生かすなら、私的には映画よりお昼の帯ドラマがいいんじゃないかと思っていたので。

そういえば東野さんの新刊「容疑者Xの献身」がこのミス1位になったとか。こちらは明日から開館の図書館へ予約に行かねば。最近地元の図書館も予約者多数で前ほど簡単に入手できなくなり、読むことが出来るのはいつになることやら。

お正月休みに読んだ本はTVジョンとこれぐらい。本当はもっといろいろ読みたかったなぁ。最近めっきり読書量が激減したので、欲求不満気味です。今年はもっといろいろ予約もバンバン入れて楽しむことが出来るといいな。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | これが全員集合俳句・・・って(BlogPet) »

コメント

訂正
どうやら映画化ではなく、ドラマ化だったらしい・・・しっかり確認せねばね>私

投稿: ととろ | 2006年1月 6日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/8001789

この記事へのトラックバック一覧です: 白夜行:

« あけましておめでとうございます | トップページ | これが全員集合俳句・・・って(BlogPet) »