« インフルエンザ罹患!! | トップページ | 桃色トワイライト(BlogPet) »

2006年2月 8日 (水)

しをんのしおり

しをんのしおり  三浦 しをん  新潮文庫

記事などを投稿しつつ徐々にWEB復帰をせねば(笑)

しをんさん2冊目のエッセイです。実はこれを読む前に小説「私が語りはじめた彼は」を読みました。感想が無いのは書き忘れたからです。
書き忘れたからといって、不評だったわけではなくかなり気に入った作品でした。一人の男に関係ある人々が彼との関わりによる感情を語る連作集って感じかな?ミステリ好きにはこれはきっと面白いと思う。ミステリじゃないけど。

と、エッセイの感想でした。今回もしをんさんはとっても妄想炸裂でした。こっちの方が「桃色トワイライト」より古いのね。「乙女なげやり」が次で「桃色トワイライト」が一番新しかったんだ!逆読みしてるなぁ。

エッセイはやはりそのときの時事が絡んだりするときがあるから新鮮なうちに読みたいですね。今回も「ムネオハウス」とか出てるからね。でも、先日ムック本でタイトルは忘れたけど松山千春氏がいっぱい寄稿しているムネオさんの本を読みましたわ。新聞の書評で取り上げられててすごく興味を持ったので。これは面白かったのにタイトルを忘れるなんて・・・

しをんさんの執着に関してグッとくる部分もあり、遥かかなたを行かれてる部分もあり(笑)、大変楽しめました。今回も彼女の語り口がばばっと大風呂敷を広げたかと思うと針の先ほどの部分を突っ込んだりするその巧みさに感動でした。吸引力のある人、なのです。
今回一番私の琴線に触れたのは『古今集』の中の「官位が低くて技巧ばっかりでケチで恋歌の下手な」みつね君(凡河内躬恒)の歌への分析。こんな風に古典をみられたら本当に楽しいだろうな。

図書館より「乙女なげやり」の用意が出来たのと知らせが来てます。なんと気分よく続けて読めることか。

それにしても、その前に「秘密の花園」という著者の小説も読みましたが、彼女の小説もスドンって感じではありませんが、ちょっと癖になる気配があります。今後小説の方のチェックとしては「格闘するものに○」「白蛇島」ですね。これは昨日読んだ雑誌『活字倶楽部冬号』の影響です。 

|

« インフルエンザ罹患!! | トップページ | 桃色トワイライト(BlogPet) »

コメント

小説も読み進められているのですね。
エッセイを読み終えたら手を出したいような、半分不安なような...。

古今集の章、面白かったですね~。
とっつき難さが全くなくて、一緒に楽しんじゃいました。
他のも解釈して欲しくなりますね。

投稿: KOROPPY | 2006年2月 8日 (水) 11時42分

ととろさん、こんばんはー。
本も読みたいのに、ここのところネットにはまってます。
一日があっという間です。
確かにエッセイは出たときに読みたいですよね。
古いエッセイを読んでこれっていつだったろうと
懐かしむのも結構楽しいですが。(笑)

投稿: まゆび | 2006年2月 8日 (水) 19時01分

>KOROPPYさま
そうでした。リンクをするのを忘れてしまってごめんなさい。しをん普及委員会(ブログ普及委員会のパクリではない!)委員長様~。小説は毛色が違うからすべての人にお勧めとはいきませんね。
古今集みたいな話って好きです、KOROPPYさまもお好みでよかった♪
次は「乙女なげやり」いっきまーす!

>まゆびさま
そうそう、ネットを繋いじゃうと本は読めませんね。それは仕方ないので今楽しいことをしましょう!
エッセイじゃないけど「爆笑問題」の本、私好きですよ。最近出てないし、これこそ時事ネタばっかりなんですが(笑)

投稿: ととろ | 2006年2月 8日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/8560753

この記事へのトラックバック一覧です: しをんのしおり:

« インフルエンザ罹患!! | トップページ | 桃色トワイライト(BlogPet) »