« BlogPet俳句集へランクイン(BlogPet) | トップページ | BlogPetのお友達の認識について »

2006年3月 2日 (木)

人生激場

人生激場  三浦 しをん  新潮社

 しをん普及委員会の活動の一環として、楽しくどんどんエッセイを読みますよー。
ということで、今回はいつものウェブマガジンのものではなく、ナント『週刊新潮』に連載をされたエッセイを集めた一冊。でも、掲載されたネタ以上に、一本ごとに後で加筆した「思い出ホロホロ」が笑えるって、いったい・・・
 読者対象は通勤親父(もとい、ビジネスマン)なのか、いつものぶっ飛びのテンションが少々抑え目?だったかしらね。勿論、対象を踏まえたうえで、目の付け所は流石しをんさん!と讃えられるものでした。
 抑えつつもやっぱり本性は(いえ、乙女心は)隠し切れず、ワールドサッカーでしをんさんは盛り上がる。なににって、胸毛ですよっ!研究室まで作っちゃって(笑)
おなじみの友人も登場してくれてホッと安心、しをんさんの盛り上がり度は彼女(彼)たちに寄るところも大きい。
 今回、私が一番気になったのは胸毛ではなく、高村薫の新刊『晴子情歌』についての回。(注:連載は2002.5月~2003.4月)。そうなのです!高村ファンにも関わらず、初めて挫折した作品だった・・・今現在『新リア王』が出ている。しかも『新リア王』には気になる合田刑事も出てくるらしい>口惜しい。読みたいのに、前作を挫折したために手が出せない。
だいたい、私は書簡ものが苦手なんだよ。しかも母から息子への書簡が上下2冊>怖いよぉ
そこがまた、しをんさんによると突っ込みどころ満載(注:しをんさんは高村ファンですから、悪しからず)だそうで、これはやはりいつかは再挑戦をせねばならないでしょう。『晴子情歌』が出るにあわせて発売された「高村薫の本」は買ったのに。
 と、しをんさんのエッセイでした。今回は、私は胸毛には興味が無かったせいかつらつらと読み通してしまったのですが、次に狙っているのは、委員長(しをん普及委員会)・『KOROPPYの本棚』さまお勧めの一冊『夢のような幸福』です。これを返却時に予約を入れねば。何しろKOROPPYさま曰く「しをんのエッセイベスト3に入る」そうですから、ね。興味深々!

|

« BlogPet俳句集へランクイン(BlogPet) | トップページ | BlogPetのお友達の認識について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/8914187

この記事へのトラックバック一覧です: 人生激場:

« BlogPet俳句集へランクイン(BlogPet) | トップページ | BlogPetのお友達の認識について »