« 新作フレームを追加しました | トップページ | 最近のぴょん »

2006年4月23日 (日)

シーセッド・ヒーセッド

シーセッド・ヒーセッド  柴田よしき  実業之日本社

「花咲慎一郎シリーズ」3弾です。前作は『フォー・ディア・ライフ』『フォー・ユア・プレジャー』。本作は一年前に出てますね、知りませんでした。
新宿2丁目の無認可保育園園長であり、園の維持のためヤクザ山内への借金返済と園の赤字を埋めるためサイドビジネスとしてハイリスク・難題専門の私立探偵を兼業している心優しいハナちゃん。私は柴田よしきのシリーズで「緑子シリーズ」(『RIKO-女神の永遠-』『聖母の深き淵』『月神の浅き夢』)が好きですが、こちらもかなり好き。
ちょっとしたリンクもあります。それがヤクザ山内。緑子シリーズの方がいっぱい出てきますが、こちらでもかなりの重要人物です。両刀遣いで残忍・策士でかなりアブナイ人間だけど何故か人気がある>これは登場人物にじゃなく、読者にです(笑)。ちなみに彼の本もあります『聖なる黒夜』>余談
だから妙に作品に山内の名が出てくるとうれしくなってしまうのは否定できないのですよねー。(だけどどれを読んでいないといけないとかそういう問題じゃないので他作を気にする必要はなし)

今回もハナちゃんは大いに忙しい。前作ほど命に関わるって訳じゃないけどすごく厄介な仕事を押し付けられる(請けざる得ない状況)。園の方も人手もないしもちろんお金も無い、それ以外にも心優しいハナちゃんは懸案を背負い込んでます。
3つの依頼案件を片付けたけれど、まだまだ事件を背負い込みそうだね。きっとシリーズは続くのでしょう。ガンバレ、ハナちゃん。

柴田よしきさんはたくさんの著作があります。私に合っているものもあり、ちょっと気持ちがあわないな、というものもあり。随分昔にたくさん読ませていただいた方ですが、女性として好きな作家さんですね。

柴田よしきさん公式HPはこちら

|

« 新作フレームを追加しました | トップページ | 最近のぴょん »

コメント

ととろさん、こんばんは♪(*^-^)ニコ
柴田よしきさんですか。知らなかったです。
どうもまゆびの読書は偏りがちで。(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
出てくるキャラクターが気に入るといろんなところに出演しているのが楽しみになりますよね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン ヤクザ山内。気になります。(笑)
機会があったら読んでみます!!

投稿: まゆび | 2006年4月24日 (月) 18時36分

>まゆびさま
いえいえ、まゆびさまはたくさんの本を読んでらっしゃいますよ。私はBlogで遊んじゃうと全然進まなくて・・・(^^;
どっちかって言うと私のほうが偏ってると思いますよ。しかも、話題の本は読まないし~流行についていけないですぅ。

投稿: ととろ | 2006年4月24日 (月) 19時22分

ととろさん、こちらにもお邪魔します♪
読んでいないのに
コメントごめんなさいね♪( ̄ー ̄)ゞ
なんか面白そうな本なのですね。
山内をチェックするのですね(笑)
柴田よしきさんですね♪
図書館で検索してみますねー♪m(_ _)m

投稿: yozoblog | 2006年4月24日 (月) 20時39分

>yozoblogさま
たくさんのコメントをありがとうございます。

 >山内をチェックするのですね(笑)

ややっ!どうも間違った方向を教えてしまったみたいだ(笑)まゆびさまも・・・

柴田よしきさんでしたらまずは「RIKO-女神の永遠-」からどうぞ。かなり古い作品ですぞ。

投稿: ととろ | 2006年4月24日 (月) 22時06分

ととろが、新宿でなし両刀遣いや、すごく残忍とかを維持すればよかった?


投稿: BlogPetのぴょん | 2006年4月25日 (火) 13時55分

こんばんは。
ととろさんは、お読みになる本の幅が広いですね。
おとなの本は、大好きだった男性の作家が他界してからは、女性作家の作品を読む機会が増えました。
柴田よしきさんは女性なのですか?名前だけは聞いた事あるなぁ・・・と思ったら、ポスペの本に執筆されていて、びっくりしました。
読書ノートに柴田さんの名前を書いとこっと。
新宿と言う街は、おもちゃ箱みたいですよね。真剣や両刀遣いも入ってて。取扱注意なおもちゃがいっぱい?
ぴょんちゃん、維持しないでね、それ危険すぎ。

投稿: てるひ | 2006年4月25日 (火) 19時36分

>てるひさま
こんばんは!ととろは殆ど国内作家を読んでいるジャンルの狭い本読みですよ。翻訳はよっぽどでないと食指が動かないです。
ミステリー・ホラー・SF(ちょっと)・恋愛モノ少しのエンタメ系好きですよ。

新宿は本でしか知らないに等しいです。前にノンフィクションで「新宿(?歌舞伎町?)案内人」っていう本を読みました。すごく面白かった。ホストをやってた人がビジネスとしてそういうところを案内する案内人となったって内容でした。どうやらテレビ化だかVシネマだかになったらしいと書いてあったような気が・・・随分前なので殆ど???の説明でごめんなさい。

>ぴょん
おおおーーー!サイドのコメントだわ♪
前ほどコンスタントじゃないけど、コメントも入れられるようになって本当に良かったな。
前ほどコメントに変なセキュリティ画面が出なくなったからかな。

ととろは「両刀遣い」でも「残忍」でもないよー(笑)

投稿: ととろ | 2006年4月25日 (火) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/9733022

この記事へのトラックバック一覧です: シーセッド・ヒーセッド:

« 新作フレームを追加しました | トップページ | 最近のぴょん »