« BlogPetの投稿記事に変化が?(BlogPet) | トップページ | 次は『ね』です@BlogPetしりとり »

2006年4月 6日 (木)

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身  東野 圭吾  文藝春秋

半年待ってやっと手にする事ができました。その間、本作は直木賞も受賞。話題もたっぷりだったため期待も膨らむというものです。
噂には聞いていたので、事件を「ふむふむ」と読み進む。う~ん、期待が大きすぎたのかどうもいまひとつピンとこない。このシリーズの「探偵ガリレオ」と「予知夢」は既読です。両方とも悪くなかった記憶があります。普通のトリック崩しとはちょっと目先が変わった理系の香りがありました。でも、今回はちょっと違う気がすつな、などと思いながら読み進める。

そうは言っても、上手さはやっぱり東野さんだとコジンマリ感を持ちながらどんどん読み進む。

が、残り40ページをきって、突如オドロキの展開です!私は全然気がつきませんでした。いかに大雑把に途中を読んでいたのか?!もったいないことでした。ネタばれ出来ないのが残念です。このトリックのために石神というキャラクターが必要だったのか?!と納得しました。やっぱり東野圭吾はすごいや。

彼の作で一番かというと違うのですが、読んでよかったと思える事が出来てうれしかったです。

|

« BlogPetの投稿記事に変化が?(BlogPet) | トップページ | 次は『ね』です@BlogPetしりとり »

コメント

ととろさん、こんばんは♪(*´∇`*)
この間ビビさんにも東野圭吾さんの本、紹介してもらって、図書館をさまよっているまゆびです♪(笑)1~2冊しか読んだことがないのですが、(その上大分前なのでタイトルを忘れてしまった。。。泣)気になる作家さんなのです。
>このシリーズの「探偵ガリレオ」と「予知夢」は既読です。
ということはコチラの「探偵ガリレオ」から読んだほうがいいということですね。このレビューを読んでとっても気になってきました。トリックと聞いたらどうしても読みたいです♪ヾ(=^▽^=)ノ
ととろさんが半年待ったということはこちらの図書館でも予約待ちかな?それとももうそろそろ終わる頃か?

投稿: まゆび | 2006年4月 6日 (木) 22時35分

>まゆびさま
東野さんも多作な方なのでいっぱい楽しめますね。

 >ということはコチラの「探偵ガリレオ」から読んだほうがいいということですね。

ごめんなさい、言い方が悪かったようです。同じ登場人物が出てきますが、絶対に最初からという感じではありませんよ。
この本は多分待ちでしょうから、よろしければ「ガリレオ」を読んでおくと登場人物に親しみが沸くぐらいの気持ちでも充分オッケーですよ。
この本があったら、取られないうちにゲットした方が○かも~、とか?

投稿: ととろ | 2006年4月 6日 (木) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/9460895

この記事へのトラックバック一覧です: 容疑者Xの献身:

» 『容疑者Xの献身』読了。 [日々のちょろいも 2nd]
 東野圭吾『容疑者Xの献身』の感想をこちらに。いや〜ん、よかったわ!! ガリレオシリーズはそんなに好きじゃないわたしだけれど、これは別格。石神〜〜!!と心の中で絶叫(笑) [続きを読む]

受信: 2006年4月 6日 (木) 23時34分

« BlogPetの投稿記事に変化が?(BlogPet) | トップページ | 次は『ね』です@BlogPetしりとり »