« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

BlogPetしりとり@次は『ら』です

KOROPPYの本棚』の後姿ラブリー同盟発のトラックバック企画『BlogPetしりとり』へ参加します。
前回は『ShinyBlue』みゆうさまのこねずみリンちゃんの松坂近いのかなー?でした。

昨日、先日友達登録をしていただいたばかりの『Showry's Blog』Showryさまのこいぬ「龍之介くん」のところにぴょんが遊びに行きました>出不精のぴょんがお出掛け?!

18053025 龍之介くん:「なら・・・」
ぴょん:「なら??」


まさか前に「お」が付いたりしないよね(^^;>ぴょんったら恥ずかしがって惚けてるんかな?

初めてのデイトでいきなりこの会話は無いでしょう(苦笑)

ということでBlogPetしりとり、次は『ら』です。
この企画はBlogPetを飼っている方ならどなたでも参加できます。詳しいルールと参加方法はこちらです。
どうぞ、しりとりをつなげてくださいね♪

折角ですので、久しぶりのお出掛けをみてみよう。
18053002 18053006←まずはお約束の置手紙。
おっ、いい雰囲気♪→


18053003 18053007ぴょんたら、待ってって言ってるじゃないの。しかもいきなり「ラブ」かい?(笑)


18053013 18053018


いろいろくれる龍之介くん。ぴょんはなんでもうれしいらしい。

18053017 ってそれは遠慮しときなさい!タダでさえ「訳分からないよ~(泣)」CSSやらでげっそりしてるんだから。


18053016 そうです。実はShowryさまはととろの先生なのです。いろいろ親切に教えてもらうんですが、何しろ生徒が全くの素人なのでまだ宿題が終わってません。落第生でごめんなさい。補習時間を絶対取るように頑張りますので見捨てないで~(T_T)


18053015 18053014

←違うでしょう!
そうそう、そっちを答えないとね→


18053021 最後に不思議な言葉で会話してる、ととろの知らない漢字だわ。


18053005 そしてやっぱり後姿を残しておかなきゃね♪
Showryさま&龍之介くん、またぴょんを呼んでくださいね。

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2006年5月30日 (火)

川崎ローズ

川崎ローズ

人気の川崎さんの折り紙の本を借りました。次男がパパッと折りました。母はとてもお見せできません。上手になったらキレイ折り紙を買ってあげるよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

少年陰陽師(3) 鏡の檻をつき破れ

少年陰陽師(3) 鏡の檻をつき破れ  結城 光流

少年陰陽師シリーズ第三弾『鏡の檻をつき破れ』を読みました。ご紹介して頂いた前を行く『KOROPPYの本棚』さまの感想はこちらです。

前回重い傷を負った昌浩、しかし異邦の妖怪・窮奇は更に策略を巡らせて彰子と昌浩を追い詰めていた。そして衝撃の運命に翻弄されていよいよ彼らは窮地に追い詰められる。

前回はかなり妖怪との対決シーンに心躍りました。
今回は「純愛」です!ととろは図らずもうるうると泣きました。二度読みして、二度目もうるうる~。胸が痛み、そして心が洗われるような二人です。

そして、今回、晴明がかなりの活躍でしたね。見所もたくさん。そしてそして、回を追うごとに12神将がだんだん表に出てきます。前回登場の青龍、かなり見目の良い男(神将だって>笑)の六合、美女(だから神将だって>笑)・天一、ちっこい玄武。今回活躍した神将です、早くみんな出てきて昌浩と紅蓮に絡んでー。

これで「窮奇編」が終結です。図書館本が溜まった為それを終えたら、残りを一気に行く予定!待っててね、KOROPPYさま~

今回、BlogPet背景を「昌浩&彰子『蛍を見に行こう』ゆびきり記念」として蛍にします。ワーイ、ひとりイベントだ♪ととろの気分は盛り上がってるよ~~~!

お借りしましたのは、

18052801NEOといっしょ』Rumiさまより「ほたる」です


『**Silver Heart**』mayuさまより「ほ~たるこい♪」  18052803 です


18052804 18052806

その女、腐女子につき・・・』茉里さまより「まどろみ睡蓮」「水蛍」です


こちらはネタバレ注意報:未読の方はお控えください!!
↓  ↓  ↓

それにしても、昌浩と彰子、これから一つ屋根の下ですか?


一言ですが、これは知っちゃうと3巻が泣けないですから!

| | コメント (6) | トラックバック (2)

ブログ内の検索窓を設置

サイドバーの内容を少しずつ変更して行こうと思います。
最初にブログをよく理解しないうちに作ってしまったサイドバーリストの内、ココログが用意してあった「NIFTY BOOKS」は記事へのリンクもし難い為あまり意味がありません。まずはこれを取り外します。

そして、自分の為にという意味で『ブログ内の検索窓』を置く事にしました。当初はさほど必要性を感じなかったのですが、少ないながらも記事が溜まってくると過去記事を調べるのに大変面倒です。こんな時、Web検索エンジンのように自分の記事を探す事が出来るという優れものを見つけました。

参考にさせていただいたのは、我が師匠KOROPPYさまの『KOROPPYの本棚』より「ココログのサイト内全文検索窓を設置」です。

以前から『KOROPPYの本棚』はココログの関連記事や書籍、BlogPet関連で充実した私のライブラリー的ブログでしたので、こちらで検索窓を多用していました。
本当に便利でWEB検索に引けをとらない使いやすさです。

難しいのでは?と思っていたのですが、なんと書いてあるスクリプトを殆ど変更なしで貼り付けるだけという手軽さでした。こんなことならもっと早く調べればよかったと思ったのですが、よく考えると今までは記事も少なく必要なかったということです>爆

今後のサイドバー変更予定としては、「NIFTY BOOKS」を外したのと最近シリーズものに手を染めた事もあり(苦笑)、「シリーズもの・リンク本リスト」を載せて何とか記事へリンクさせたいですね。これもどのような感じでやろうかと思案中。

やはりKOROPPYさまは偉大な師匠です!お世話になりました。ココログってこういう先輩がたくさんいて、恵まれた場所だなぁと常々思うのですが、如何せんあまりにコースによって仕様が違いすぎる。自分が何が出来るのかすら最初は不明ですよ。と、少し愚痴ってみる>自分の知識がないだけって事なんですけど、さ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

少年陰陽師(2) 闇の呪縛を打ち砕け

少年陰陽師(2) 闇の呪縛を打ち砕け  結城光流  角川ビーンズ文庫

KOROPPYの本棚』KOROPPYさま、『のんびり前進じたばた生活』まゆびさまよりお薦め頂いた『少年陰陽師』シリーズ第二弾を読みました。

前回、何とか大妖怪・窮奇を払った「晴明の孫」昌浩と物の怪の「もっくん」。未だ都は窮奇の野望に晒されている。二人は毎夜、都の見まわりをする。そんな時、藤原道長の娘・彰子が狙われる。紅蓮と確執のある晴明の神将・青龍(こっちもステキな予感~)も登場、他の神将もどんどん登場!窮地に落ちる昌浩、紅蓮、彰子。いつもは「たぬきじじい」でもこっちはカッコイイ青年晴明も再び登場!・・・と盛り上がります。

いやぁ~、今回はかなりキマシタ!1巻よりめちゃくちゃ面白くなってます。今回の話の展開はととろ好みです。
何より妖怪対決が盛り上がってます。昌浩がカッコイイでしたねー。でも、やっぱ紅蓮が一番でした(笑)。ととろはアウトサイダー好きです。この紅蓮のキャラはめちゃ好み。もっくんと紅蓮の落差がすてき。彼の心の傷&昌浩との出会いがめちゃ気になります。
あ、明日3巻買っちゃうかも~(爆)

あとがきでは冬の貴船に行った結城さん、冬の貴船と聞くと昔に読んだ不倫小説を思い出す(汗)。そして今回も訪ねたという『風俗博物館』>休館にはお気の毒~
あとがきに公式サイト『狭霧殿』があったので行ってみると、なんとこのシリーズは現在15巻も出てると知る(^^;>ちょっと尻込み~、でもこの先が気になるからね。

いや、いいもの紹介してもらいました。こんな読み方で紹介下さったお二人には申し訳ないのですが、久々に追いたいシリーズの予感です♪ありがとう!

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2006年5月23日 (火)

ブログバナーを頂きました♪

なんと、こんな半人前のブログ『夢みるととろ日記』にお友達の『 【猫のお凸(でこ)】 』凸ねこさまよりブログバナーをプレゼントして頂きました。

前にととろのペット「ぴょん」が凸ねこさまの「お嬢」のお友達登録をしていただいた時、すぐに凸ねこさま宅にバナーまで作ってリンクをして下さったのですが、今回バナーを新しくしていただいたとの事でした。
その上、私のブログに使ってもオッケーとのありがたいお言葉を頂きました♪
わーい、何とこんなステキなバナーをTOPに置く事が出来ました。

こちらがステキなバナーです。

Totorotagudekoneko_1


パステルブルーの地色がここにぴったりです。ステキな表紙の本をこうさぎが開くと『夢みるととろ日記』のブログタイトルが!BlogPetのPOCだよーって事も分かるようになってますよ。
凸ねこさま、ステキなバナーをありがとうございました。大切に使わせていただきます。
もし、リンクにバナーを表示したい方は「画像を保存」でお持ち帰りの上、使ってくださいませ。gif画像になっています。

キャー!!なんか、いっぱしな気分だわ♪>実体は伴わないけど(爆)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

こねずみjerryの来訪♪@2匹deツッコミ

昨日、見事身内のキリペタを踏んでくれた『ととろのおもちゃ箱』のjerry君。
なんと、ととろの「こうなったらjerryや、ちゃんと遊びにくるんだよっ!」の言葉をちゃんと覚えてくれていたのか、お友達登録の翌日である本日、早々と遊びに来てくれました。
おお~~~、こねずみのくせに仁義のある子だわ♪
ちょっと、見直したととろでした。

早速、初めてのこねずみの様子をご覧ください。

18052201 まずは置手紙ですね。どんな会話をしてるのかしら?気になる~。


18052202 18052203


そうそうjerryのブログでは初めてHTMLタグやらCSSシートやらを触る事になってととろは大悩み。jerry悩むのは苦手なんだよってば。いろいろお友達に相談して迷惑なととろです。未熟者!

18052206 18052209


ここはやっぱ後姿でしょう!でも、こねずみはゴミが落ちてるみたいだねぇ>失礼

18052215 18052216
こねずみの動きは特徴的です。なんと一回右サイドに消えうせて、いきなりにゅっと現れて吹き出し!です。一人のときもそんな感じなのでこねずみを見かけたら是非クリックしてね。この横顔アップのために存在してるんじゃないかと思うほど。
おっと、まだ帰らないでね。

18052214 おっ、ぴょんったらお姉さん風をふかせてインタピューをしてますよ。jerryのブログのメインはどうやらブログパーツのよう。まだまだ半熟卵ですけどね。これからよっ!たぶん・・・


18052211 ギャフン。確かにサボってました。だってだって、全然出来ないんだもん(T_T)


18052217 18052220


楽しく遊ぶペットたち。こねずみはちっこいので動き回っても背景がたっぷり楽しめます。そこもチェックですね。

こちらの記事は『後姿ラブリー同盟』のトラックバック企画「2匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟」へエントリーします。イマイチ、jerry初めてのお出かけなのか遠慮気味の会話ですが、記念エントリー(個人的)ってことでお許しください。
こちらはBlogPetの飼い主さんならどなたでも参加できる企画です。後姿ラブリー同盟では楽しい企画がいっぱいですので、BlogPetを愛する皆さま、どんどん参加しましょう♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

いつかパラソルの下で

いつかパラソルの下で  森 絵都  角川書店

森 絵都さんの『いつかパラソルの下で』を読みました。
森さんもあさのさんと同じように児童書出身の作家さんです。そして彼女も最近、一般書へと進出しています。

三人兄妹の真ん中、柏原野々は25歳独身、同棲中。

父親の一周忌を控えて、同じく家を出ている兄と家に残って母親と暮らす妹と打合せをする事に。
でも、それは表向きで実は妹が「母親が毎日、どこか痛いと病院通いをしている」と相談されていたため。野々にはそこで頭に引っかかる事があった。彼女たちの父親は非常に厳しく子供たちに全ての事において(特に男女間の事には)制限をしていた。それでまず兄が20歳で家を出、野々も同じく20歳で家を出た。父親の存命中には家にも近づかなかった。

その父が何と職場の女性と不倫の関係にあったと、女性から告白されたのだ。母親に連れられそれを一緒に聞いた彼女は、母親に口止めされていたが結局兄妹に告白する。

そこで、三人は「法事の準備」といいながら、真偽を確かめるべく父親の過去を追う(何故か彼は過去を一切話さない)。
そこから先は、お楽しみ。野々の同性相手との関係や職場の不安定な立場などで野々も自分を考え直す事になる。

森さんはとても生き生きと人を描くなぁ。
そして彼女は宮部みゆきさんに劣らず、たくさんの賞を受賞されてます。児童書の賞を総なめ?著者紹介に記してあるだけでも「講談社児童文学新人賞」「椋鳩十児童文学賞」「野間児童文芸新人賞」「産経児童出版文化賞(2回)」「ニッポン放送賞」「路傍の石文学賞」「野間児童文芸賞」「小学館児童出版文化賞」すごい!

私は児童書では『つきのふね』『宇宙のみなしご』『DIVE!!』を、一般書では『永遠の出口』を読みました。自分としては『DIVE!!』にははまりましたね。
でも、代表作はきっと『カラフル』なんでしょうね。これはそのうち是非読みたいと思ってます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

キリペタ、2500です(T_T)

本日、やっとでキリペタ2500となりました。
だんだん、スローペースになってきたのはきっとこのところ『後姿ラブリー同盟』のトラックバック企画をおサボリしてるからだと思います。思えば先月まで随分と張り切って投稿してました。どうも浮沈みの激しい性格ですね。

ところで今回のキリペタを踏んだのは、なんと、自分なのです(泣)
こねずみを招待したくて別ブログで飼いはじめました。でも、なかなかそっちをかまえなくてほったらかしにしていたので、いつまでたっても友達登録が出来なかったのです。
今日は時間もある事だしと朝からちょっと記事を作って、お友達登録申請へ!なんと、この時ぴょんのぺたを踏んじゃったんだ!ひと月半ぶりのキリペタだったのに~~~☆

自分で自分のぺたを踏む・・・ちょっと前までは「もうじきだわ♪」と思っていたのに全然忘れていた自分が情け無いです。こんなおバカはいないよねぇ。しかもキリペタ帳まで作ったのでそっちにも載せなきゃならないし、くそー!

ということで、記念すべき2500ぺたは『ととろのおもちゃ箱』のととろさんです>大泣

こうなったらjerryや、ちゃんと遊びにくるんだよっ!

次のキリペタは3000です。みなさま、よろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

少年陰陽師 異邦の影を探し出せ

少年陰陽師 異邦の影を探し出せ  結城 光流  角川ビーンズ文庫

今日は二作をご紹介(笑)
こちらはBlogPetの本仲間である『のんびり前進じたばた生活』まゆびさまと『KOROPPYの本棚』KOROPPYさまより教えていただいたライトノベルです。楽しい作品を探していたのでナイスタイミングでした。

まゆびさまの記事はこちらです。そしてKOROPPYさまの記事はこちらです。
ととろも夢枕獏氏の『陰陽師』そして岡野玲子氏の漫画版『陰陽師』の大ファンです。京極氏の『妖怪シリーズ』も好きだし、下地は揃った!(笑)
ということで、興味しんしんで読みました。

時代は平安、安部晴明の孫である13歳の見習い陰陽師・昌浩と彼の相棒の物の怪・もっくんが掛合いしながら妖怪退治!
内容はお二人がお上手に紹介されてますので省略>おいっ!

感じとしては言い回しとかちょっと?な部分もありましたがそれはライトノベル、何といってもキャラがたってますねっ♪キャラクターに魅力がある事はととろの好みに大きく影響します。イチオシは、もっくん!いろいろまだまだ謎の部分がありそうですね~。そして昌浩曰く「たぬきじじい晴明」がいいですわ。

本作品、実は最後の最後「あとがき」に引っかかりました。ととろも数年前に京都へ行った折に「風俗博物館」へ行きましたよ~♪お友達と4人で行ったのですが、その時は姫衣装「袿(うちき)」着て、一番カッコイイ女性に殿衣装(光源氏)を着てもらいそれぞれツーショットでちゃんと『御帳台の中』で写真撮影しましたよー。誠に申し訳ないですが今回の一番のツボは「あとがき」でしたー(爆)

読む前にどうやら現在14巻も出てるらしいと知り、しり込みをしていたんですよ。でも、「まずは一作目を」とKOROPPYさまに薦められ、ついつい足を突っ込んでしまいました(笑)

今回は書店で購入しましたが、次刊からは古本屋をみてみようかなー?アニメも放映されてるようだし、イラスト担当のあさぎ桜さんによるコミックスもあるらしい・・・

いえ、ま、まずは文庫からですわね(^^;

おふたりには楽しいシリーズを紹介いただきありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

地に埋もれて

地に埋もれて  あさの あつこ  講談社

あさのあつこ氏の「地に埋もれて」を読みました。最近、どんどん一般書の作品を発表されてるあさのさんです。

冒頭から主人公・優枝は藤の木の下に埋められています。恋人に「一緒に死のう」と言われたのに彼に埋められたのです。そして不思議な少年が彼女を掘り返してささやきます。「彼を恨んで、復讐して」。彼は自分を白兎と名乗ります(おおーうさぎだ!>違うって)。二人は行くあてもなく彼女のアパートへに帰り、そこへ昔両親の別離で別れ別れになった弟から電話がかかる。彼女には苦い過去があった。という具合にお話は進みます。
生死の境を迷う女性のお話です。段々と謎が明るみになるに従って失いかけた人生を再生する物語。ミステリー仕立てです。

前に読んだ「透明な旅路と」もそんな中庸な世界を感じました。ファンタジー色の濃い作品です。そしてやっぱり「少年」は絶対ですね♪

あさのさんの児童書とは違った世界を見せてくれますが根底には、どの作品も生き抜く逞しさを感じます。

この冒頭が「二人藤」という藤の下から始まりますが、時期的にもう少し前に読んだらぴったりだったかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

黄昏の百合の骨

黄昏の百合の骨  恩田 陸  講談社

恩田陸さんの「理瀬シリーズ」(というのか?)3冊目の黄昏の百合の骨を読みました。こちらは、『のんびり前進じたばた生活』のまゆびさまより「恩田陸さん著 『黄昏の百合の骨』を読んだよ!! 」よりシリーズであると教えていただき、ずっと気になっていたのでした。

理瀬は子供の頃祖母と住んでいた屋敷<近所からは「魔女の住む白百合荘」と呼ばれる曰く付きの洋館>へ一年前に事故死をした祖母の「自分が死んでも、水野理瀬が半年以上ここに住まない限り家は処分してはならない」という遺言によりやってきた。

そこには血の繋がらない二人の叔母が住んでいて、三人の生活にはこの屋敷の秘密をめぐって緊張関係があった。そして、祖母の法事のために理瀬の従兄弟、亘と稔も屋敷へやってくる。
理瀬の高校の同級生で隣に住む朋子と病弱な弟・慎二、朋子に思いを寄せる田丸と朋子の幼馴染・雅雪。
登場人物も出揃って白百合荘を中心に、謎が登場人物たちにも私にも分からないまま進んでいくのが小説の雰囲気をますます盛り上げる。キーワードは『ジュピター』そしていつも屋敷中に活けられている『百合の花』

中盤を過ぎ、事件が起こり始めると動きが表面に出てきます。この屋敷の秘密はお楽しみということで(笑)。

どうやら、理瀬にはまだまだこの先波乱の道がまっていそうです。そして今回の登場人物にリンクした続編も出そうな気配で終わっています。
彼女が背負っているものはいったい何なのでしょう。どんどん彼女の秘密を知りたいと思うのです。

まゆびさまの記事にもありましたように、こちらは『麦の海に沈む果実』の後のお話というものです。まゆびさまの記事はこちらです。確かにこの一冊でも十分に面白いものでしたが、話の中で登場人物に触れられる部分もありますので、そちらを読んだ後に読むのは楽しいと思います。
私の『麦の海に沈む果実』記事はこちらです。
ドラマティックなシリーズですね。

まゆびさま、教えてくださってありがとうございました。読むのが遅くなりましたがとても楽しめました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

連休の終りに(BlogPet)

昨日、学校の駐輪場で大会会場より帰ると自転車が盗難にあってしまったと連絡が
7日もあるし、ということで、なんと5時間も場所を変えながらおしゃべりしないみたい
今日で長かったGWも最終日と長男を6時に学校へ送っていったらすごく時間も場所を変えながらおしゃべりしちゃった♪そうそう、ぴょんが、北海道での盗難なんて酷いなぁ
とか思った?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょん」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルト、既にブームも過ぎているのに何を今更ですが、ちょっとしたきっかけで興味を持つこともあるのですね。

私は毎朝ヨーグルトを食べます。何故なら牛乳が苦手だからです。全然飲めないわけじゃないのですが匂いが苦手。だからインスタントコーヒーをいれてオーレにしたり、ココアにすれば飲めますが・・・。そして、勿論多くの女性の悩み「毎日の快適な生活」(笑)のため。
しかも何故かととろのおなかにはM社のブ○○○アヨーグルトがいいのでそれしか買いませんでした。
ところが、先日友人と話していて、「カスピ海ヨーグルトが癖もなくていいよ。簡単だし~」聞きました。

そういえば職場の新しい仲間が「カスピ海ヨーグルトを作っている」って話を覚えていた私は早速株分けをお願いしました。>あ~、でも今日の我が家に牛乳が無い!

仕方が無いので、株を冷蔵庫に保存して翌日(昨日)に「ジ○○ロ○クのコンテナ(作成・保存用)」を買ってきて牛乳も購入!「早くできあがれ~カピちゃん(と名づける)」。

今朝みてみると、株分けしてくれた職場仲間の言葉通り「ぷるぷる」状態になってる。冷蔵庫で冷やす前だけどまずは味見を!
???なんだか器に盛ったらしゃぴしゃぴです。匂いも乳臭い。もしかしたらまだ発酵途中?と冷蔵庫に入れたカピちゃんを再び外へ出しておきました。
案の定、彼女によると「下から牛乳が出てくると未完成」とか、おおぉ~~~そういうことは先に言ってよ。一日中口の中が気持ち悪いです。早くもカピちゃんを嫌いになりそう・・・

とりあえず、帰宅したらちゃんと「ぷるぷる」になってる。今度は慎重に明日の朝まで冷蔵庫で冷やそう。
どうもだんだん自信が無くなってきた。ブ○○○アヨーグルトは体調改善以上に味も大好きだったんだなぁ。カピちゃん、頑張ってね♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

舞妓さん

舞妓さん

昨日、名古屋JR高島屋で京都フェアを開催してました。朝一に舞妓さんが出店へ挨拶回りをしてました。
携帯なので見づらいです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

平原綾香 LIVE TOUR2006"4つのL"

そして、引き続き名古屋よりとんぼ返りでわが町へ。何とミュージカルとコンサートがバッティングしていた(大笑)
ミュージカルを先にチケット取っていましたが、なんとこんな田舎町に「平原綾香」が来る!時間的にキツイが無理じゃない?ってことで強行チケットゲット。
時刻表を見ながらちゃんとご飯も食べずに帰ってきましたよー。
おかげで無事楽勝で間に合いました(笑)

やっぱり、平原さんといえば美声ですよね♪二日前にCD『4つのL』を入手して大慌てでお勉強しました。大丈夫か?ですが、ちゃんと期待を裏切らない公演でしたよ。
うまいなーって感想だけじゃだめ?何しろナンバーはこっちはプログラムを購入しなかったので曲順も解らないんです。でも、アルバム曲をメインにカバーなどを交えてのナンバーでした。
『4つのL』は「Love、Life、Luke、Live」をテーマにしています。
トリノのテーマソング「誓い」を始め、「明日」もとっても心に響く歌詞、そして何といっても圧巻は「Jupiter」です。もう~すばらしいの一言。生Jupiterを聞く事が出来て幸せ。平原さんも「私の歌で皆さんが少しでも幸せを感じてもらえたら・・・」って言ってましたが、ちゃんと感じましたよ。

強行軍でしたが、やっぱり生はいい!

ところで、今日は旦那の誕生日。なのに遊び歩いてる妻なのでちょっと反省しつつ、ちゃんと名古屋JR高島屋でプレゼントを(ささやかですが>笑)見つけましたよ。ただ、本当はもっと名古屋で百貨店巡りをしたかったなぁ・・・でも、時間が!
7月こそは、時間を取って回りたいわ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

劇団四季「李香蘭」

今日はとてもハードな一日でした。
まずは、第一のイベント♪名古屋ミュージカル劇場にて、劇団四季『李香蘭』公演です。
この作品は、劇団四季のオリジナルミュージカル、初演は1991年でしたが2005年より「昭和の歴史三部作」の第一弾としてキャストも新たに一挙公演されています。
ここ名古屋では5月に二作目『異国の丘』を公演してましたが、こちらは2年ほど前に観覧しました。今回、やはりこれは観ておきたいと6月の本作、7月の『南十字星』をチケット予約しました。

今日の作品『李香蘭』はいわずと知れた満州での李香蘭(山口淑子)の半生を描いて日中の事実を追うことによって、日本の罪、そしてそこに至る背景を描いた重いミュージカルです。

前に『異国の丘』(これはシベリア抑留受刑者の悲劇を描いている)を予約した時には「戦争ものかぁ・・・」とイマイチ気持ちが及び腰でした。何しろミュージカルは煌びやかで華やかで、っていうイメージだったので。
でも、その時もそして今回もやはり語り継がれるべき物語であると思いました。あまりに私たちは歴史の教科書でしか昭和の戦争を知らなさすぎる。勿論、ミュージカルを見たからといって解るわけじゃない。でもこういう文化作品で「日本人が自分たちの戦争をちゃんと事実を描いている」って事が大事何じゃないかな?って感じます。
ミュージカルは娯楽です。そこにこういう作品もちゃんとある、そんな心を大事にしたいですね。多くの人が知ってくれるといいと思います。

7月の『南十字星』は今までの実在の人物をモデルにした作品とは違いますが、南方戦線を戦ったBC級戦犯の青年の物語のようです。でも、やはりちゃんと観たいと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

Op.ローズダスト(上・下)

Op.ローズダスト(上・下)  福井 晴敏  文藝春秋

随分久しぶりの福井本。この本も図書館で随分と待ったので2ヶ月ほど遅れで読みました。しかも人気作家さんという事で、「1週間で返却ください」と栞がはさんであります。GWもあって遅れちゃってごめんなさい。明日返却します。

お話は、福井さんが得意とする工作員と自衛隊と警察庁、防衛庁ものです。そしてこれまたお得意の中年男(並河)と若者(朋樹)との交流もあり、今回はそこに若者と因縁のあるもう一人の若者(一功)との絡みがあります。ここは私の好みの設定ですね。
ととろは解説が苦手です。『連続爆弾テログループ「ローズダスト」(一功)が封印された高性能爆薬TPexを使って臨海副都心を狙う。そこに過去一功と因縁のある防衛庁非公開組織「ダイス」(これは福井さんの小説ではお馴染みですね♪)所属の朋樹とちょっと訳ありの警視庁公安部並河警部補が警察組織、防衛庁の意向に逆らっての追跡劇。そして、ついにTPEXが・・・』って感じ?途中、思いっきり何がなんだかでした(笑)

福井さんの本はとにかく設定に薀蓄、思想、政治的背景等々をすごく拘っています。今回も例外ではなく(しかも上下巻)、特に上巻ではなんだか集会に参加してるような気分に陥る(笑)。しかも下巻は、その作戦についていけない。おいおい、大丈夫か?いえ、面白かったですが。
男ばっかり出てるようですが、今回の一番キーキャラクターは「三佳」っていうカリスマ少女です。死んじゃってますが。

そもそも私は、外道の「キャラ読み人間」です。そう、どんなにすばらしいと評判の作品でもキャラクターがソソられないと自分にとっては「合わない」んですね~。故にキャラがたってると感じる本は、どんなに厚かろうが気になりません!
今回も朋樹と一功の心のふれあい、並河とのやりとり、ローズダストのメンバーもかなり魅力。中年がそんなに何度も胸キュンしてどうする?!などと突っ込みながら読みました(間違った読み方だとは思う・・・)
作品としては、この日本の状態とか上層部の省庁の確執とかもうちょっとわかりやすく少なくして厚めの1冊にしてもらいたかったところですが、まぁ、この熱さが福井さんの魅力なんだと思えば仕方ない?いや、1冊で収めてよ~。

福井本のイチオシはやっぱり『亡国のイージス』です!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

次は『い』です@BlogPetしりとり(BlogPet)

きょう、味方しなかった。
それではここへととろと主催した。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょん」が書きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

からあげちゃんと@二匹でツッコミ

久しぶりに『地獄の沙汰も金次第』びびあんさまのPet「からあげ」ちゃんが遊びに来てくれました。
早速置手紙を、って思ったらナント!18050901

あらら、これではからあげちゃんがどこへ遊びに行ってるのかわからないですよ。


18050902 作業中なんだね。二人で謝ってる?
いや、からあげちゃんは楽しそうだ・・・


18050908 直った(笑)


18050909 18050906


なんか会話になってないですよ・・・

そして仕上げにぶちかましてくれました>毒舌からあげちゃん18050905


で、帰っちゃったよ>カムバーッック(はやっ)

さて、ひとりぼっちぴょんは何を思うのか?

18050915 あら、誰かお誘いするのかな?ととろは家事に来てくれるお友達は大歓迎だよ!


18050916 18050917


からあげちゃんは帰っちゃったの!「バカー!」を残して。

18050918 いまごろ>爆。のんきだね。まあ、そこがいいところかな?


そこで気を取り直したのか、企画を立ち上げるぴょん。

18050920 「しり」?無理そう。


18050922 「弁当とり」?知り合いで何匹かはエントリーしそうだ>くいしんぼさん、名乗りをあげて(笑)


今回ツーショットは半分ですが、強引に【2匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】へ参加しちゃいます。

びびあんさまのからあげちゃんの「バカー!」の一言で遊ばせて頂きました。からあげちゃんはとってもキュートなこうさぎちゃんですよ、悪しからず!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

連休の終りに

今日で長かったGWも最終日。今までの晴天の引換えのようにまとまった雨でした。
昨年は夫の実家、北海道へ旅行をしたのですが、今年はどこへも出かけず静かにのんびり過ごしました。
実は6日、7日と長男がIH地区予選大会のため朝4時半おきでお弁当つくりでした。昨年旅行をしたため地区予選に出場できず、次の県予選は出場資格を得られなくてかわいそうな事をしました。今年は高校最後の年、何の予定も立てなかったのです。

ところが昨日、学校の駐輪場で大会会場より帰ると自転車が盗難にあってしまったと連絡が。7日もあるし、何より週明けからの通学に困るので帰宅後自転車を買いに。
学校敷地内での盗難なんて酷いなぁ。連休中だから生徒とは限らないですね。

気を取り直して、今日は雨のため長男を6時に学校へ送っていったらすごく時間がたっぷりあります。もろもろの片づけを済ませてもまだ10時だわ。雨なので家事も気が乗らないし、ということで、なかなか会えないお友達を誘ってお茶へ~>笑
本当に久しぶりの友人二人と、子供の悩みとか最近のご近所情報、丁度中学校を卒業しちゃうとなかなか情報が入りにくくなるので、なんと5時間も場所を変えながらおしゃべりしちゃった♪
こういう時間が持てたのもうれしいお休みでした。明日から、仕事!気持ちを切り替えなくっちゃ!

♪そうそう、ぴょんが楽しい占いをしてくれました。

18050601

mioさまのカメラを持って、「寝言の国」へ~(笑)>寝てるじゃん
「寝言の国」ってファンタジーでも書いてみますか?!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

久しぶりのお友達

BlogPetの機能である「お友達のところへ遊びにいく」ことは、私にとってとっても楽しみなイベントです。でも、ぴょんはあまりお友達のところへお出かけする事が無いようです>さびしい。
しかも、POCであるぴょんはお友達を呼ぶ事もできるのですが、どうも私が見ていないときに遊んでいるみたい>つまんないな。

そして、やっと連休前の2日の晩、『こんな感じで。』まる・かさまのPet「うーちゃん」が遊びに来てくれました♪やったー!

18050201 ではでは、まずはうーちゃんのお出かけお手紙を拝見。


18050206 18050210 遊んでます、遊んでます。


18050204 はいはい、すぐに見つかっちゃうね。


何を話しているのかな?

08050207 18050208

←何々?昆布がどうした! 

ぴょんは料理したいらしい、でもうーちゃんは「何言ってんだ?」って反応→


1805021418050213

←そうそうこうさぎ探偵団を結成したぴょんは探偵よ♪

 金田一俳優の中でも何故トヨエツを・・・謎→


ぴょんの告白!

18050211 うーちゃん、もうちょっと喜んであげて、振りだけでもいいから(爆)


ところでこの絵が気になったんだ

18050215 あぁ~ぴょんが消えていく~~~>不思議!


なんと!翌3日には『La famille et Moi』ももすけさまの「のわちゃん」が遊びに来てくれてるのを見つけました♪

18050301 ワーイ、置手紙♪


18050302 そうそう、ももすけさまも横溝正史のファンなんだ。


さあ、今日はどんなお話かな?

18050304 ぴょんには差し上げるような衣装は無いのだが・・・何をあげるつもりなんだか。


18050303 18050305

←あっ、のわちゃんが行っちゃう! 

ぴょん追いかけて、追いかけて!→


あらら、帰っちゃった!短い来訪で残念でした。ちょっと心残りです

又来てね、のわちゃん♪

この投稿は【2匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】にエントリーします。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

飲み(BlogPet)

きのう、blogされたみたい…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょん」が付け焼バカを読んで書きました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

端午の節句♪

端午の節句♪

知り合いが節句のお茶会に誘ってくれたので遊びに行って筍を頂く。帰りに柏餅と粽も買って今夜は皐月らしい気分だね。
出掛けないのでささやかな楽しみを♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

BlogPet背景「こどもの日」フェアーです!

先日『yozoの気が向いたと記』yozoblogさまと「うさもの背景紹介~端午の節句~」で背景についてお話していまして、「こどもの日限定背景をランダム表示いいね」と宣言をしてしまいました。すっかり所用で遅くなってしまって、ギリギリ5月に間に合ったって感じです。今回お世話になりました背景作家さま、随分と失礼な借り方で申し訳ありませんでした。
さあ、「こどもの日」フェアーの背景総覧でございます♪

webでお絵かき』柴成さまからお借りしました
18043002 「-GWフラッシュ編-」大きなこいのぼりが大空に泳いでいます。とっても可愛い鯉ですね。思わず「およげ、タイヤキくん」をイメージしたととろは食いしん坊(笑)


お次は
のあろぐ。*道産子ポメラニアンのイヴの日記*』のあさまより

18043003こいのぼり」こちらは青空に吹流しとひごい、まごいの組み合わせです。基本ですね♪


絵・と・せとら』より季節背景を発見
18043004No98」ちょっと不思議は世界です。夕焼け空のような風景にこいのぼりと何故か鯉が・・・


猫のお凸】凸ねこさまから新作をお借りしました。
18043005  「皐月の空」こちらは折り紙風。バックも古典柄ですごくあってますね。他にも以前ご紹介した「鯉の宇宙昇り弐連」、武将シリーズ「武田信玄」もご覧いただけます。


『**Silver Heart**』mayuさまにはいつもフラッシュをお借りしています。

18042813こいのぼり」こちらはマウスについて鯉の目がギョロリと動きます。とっても楽しくて仲よさそうなこいのぼり一家って感じですね。


『☆(。・・。)mew☆*・』ミユーさまはとっても不思議な鯉がたくさん。
18043006宇宙で跳ねる鯉」今までのミユーさまのイメージを一新されました。ダイナミックな構図と色使い。もう一点「鯉が七色に輝く宙のそこ」もお借りしましたので、是非クリックしてみていただきたいです。


そして本日新たなる背景を発見。
18050101鯉バージョンⅡ 3 色の薄いバージョン」美しい背景ですね。


最後は『Art.Kaede』より新作を!
18043007端午の節句・こいのぼり
これは楽しいフラッシュですよ。何と向きを変えながらこいのぼりが登場します!CMのような動きですね。


5月中旬位までフェアー予定しています。息子たちは大きくなってしまってあまり「こどもの日」ってGWではなくなってしまったのでせめてこちらで楽しもうと思います。

背景をお借りした作家さま方、本当にありがとうございました。

【注意】

背景をお借りするにあたって『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」をご一読ください。フリーの作家さんでも、著作権はございます。最低限のマナーは守って、気持ちよく利用したいですね。

| | コメント (21) | トラックバック (2)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »