« 次男、帰宅する | トップページ | 漆黒泉(BlogPet) »

2006年6月10日 (土)

書店ポップ術

書店ポップ術  梅原 潤一  試論社

今日は先日読了した人気本『町長選挙』を返却に息子たちも連れて図書館へ行く。
友人より『ダ・ヴィンチ・コード』も借りてるし、予定している本もあるから心の中で「借りちゃダメ!」って心に決めていたのに、ついつい借りちゃいました。講談社ミステリーランドの乙一『銃とチョコレート』>読めるのか、手に取っただけになるんじゃないか?!(爆)

そこで読込むって感じではない本を見つけた。
一冊はこの『書店ポップ術』。この本を書かれた梅原さんの肩書きは「有隣堂ランドマークプラザ店フロアマネージャー」とあります。経歴は1987年有隣堂入社し川崎アゼリア店文庫担当を皮切りに各店を移動し現在に至っているという書店員さん。

手にとって本を開くと借りずにはいられませんでした。まず目に入るのが彼の今まで作成したPOPデザインと手書きの力強さ、そしてその煽り文句には本好きなら見過ごすことが出来ない一文が!!
一冊ずつ右ページにその本のポップを左ページにどんなことを考えて作ったのか、その時の背景や思い入れがコメントとして記されています。
そして本好きに響くオリジナリティ溢れる心意気、ふらっと立ち寄った客の目を引きついつい手に取らせる手法をいかにかんがえたかは巻末のインタビューに語られています。

実はささっと気になる書籍を読んだだけでまだ全てに目を通したわけではありません(^^;でも、どうしてもこの本は紹介したかった。書店員さんを尊敬するのはそんなあつ~い熱意を持った方がいるからでしょう。こちらの地方でも名古屋の星野書店はポップに定評があります。遠いのでなかなか行けませんがやっぱり独特のお店の雰囲気がありました。
出版界が不況とは言われますが、本を愛する人はたくさんいるのだと気持ちが高ぶる一冊です。>これから少しずつみていきます、ハイ

あっと、それともう一冊文学以外の本も借りたんだ(笑)
塾前ごはん 塾後ごはん』(森野眞由美 監修)
塾に通う子はいないのですが、とっても面白そうでお弁当にも役立ちそうなの~♪

|

« 次男、帰宅する | トップページ | 漆黒泉(BlogPet) »

コメント

ととろさん、こんにちは♪(*゚▽゚)ノ
そうそう、図書館へ行っていろいろ本を物色していると借りたいものがいっぱいあって、手にとると借りずにはいられなかったり。( ^_^)/\(^_^ )オナカマ
書店のポップが素敵なところって楽しいですよね。うちの近所の書店はあまりポップはなくてどこで本を見ても同じなのでつまらないです。小さい書店さんこそ、いろいろできそうなのに。

投稿: まゆび | 2006年6月10日 (土) 17時57分

【まゆびさま】
この方はプロでありしかもその本のファンであることを自覚して仕事をしています。しかも楽しんで。
それぞれの作品のポップのキャッチコピーと煽り文句は、作品をしっかり読んでファンでなければ書けないだろうなという仕事です。
こんな風に作品を紹介できたらすばらしいでしょうね。

投稿: ととろ | 2006年6月10日 (土) 19時31分

ととろさん、こんばんはー♪
わかりますよー♪図書館に行っちゃうと、あれもこれもってなって読めもしない本を借りちゃうyozoでっす(苦笑)ととろさんはなんとかしちゃうから、すごいっすね!

>『書店ポップ術』
本屋さんのポップですか?yozoは、本屋独自の本の紹介をしているのをたぶん見たことないような気がします。(あるかな?)
本屋さんのおすすめ本ってあったら、とても親近感がわくし、その本屋さんのファンになると思いますね。そんな本屋さんどこかにないかなぁ~♪

投稿: yozo | 2006年6月10日 (土) 23時17分

【yozoさま】
そうなの~!5冊借りられるから旦那のカードも入れれば10冊だ!なんて時期もありました。今はそこまではしませんが、資料などは旦那のカードで借りてます。

書店のポップは出版社以外のお手製のを作っているところが実は地元にも一軒ありましたわ!
京極堂シリーズが出た頃(随分前だ)、きっとファンの書店員さんだったんでしょう。思いっきりプッシュしてました(笑)
気持ちはわかる~♪って思わずシリーズはそこで買おうと思いましたモン。
コミックスは他所の量販店でもお手製のを作ってるんですよ。書店でPOPが流行っていたのかな?

投稿: ととろ | 2006年6月11日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/10465810

この記事へのトラックバック一覧です: 書店ポップ術:

« 次男、帰宅する | トップページ | 漆黒泉(BlogPet) »