« 06月24日のぴょん占い(BlogPet) | トップページ | 「バトン」っていうバトン?!を受け取りました »

2006年6月25日 (日)

バッテリーⅤ

バッテリーⅤ  あさの あつこ  角川文庫

ハードカバーで楽しんだ『バッテリー』。出版社が教育画劇から角川に変わって文庫が順次発刊されてます。
今回は一度は崩れてしまった巧と豪のバッテリーが復活していく過程です。
この作品はⅠ、ⅡとⅢ以降がかなり雰囲気が違っています。
Ⅳで勢いがついた二人以外のキャラクターが今回も個性が際立っている。

あさのさんの登場人物はどれも「視線」にとても拘っている気がします。くどいくらい語り手の視線の行方や相手の視線を追っています。
登場人物が殆ど中学生なのに随分と大人っぽい、理屈っぽい思考をしています。
でもそれはあさのさんが彼らの行動を読み取って言葉にしていると私は受け取っています。その表現に子どもたち(大人も)の自我を感じます。
個性豊かでみんなそれぞれ自分に問いかけながら迷いながら進んでいる。
今回、文庫化に当たって前回同様書き下ろしが収録されてました。ライバル校、横手のバッテリーだね。
いよいよ、次でラストですね。既に既読ですが、もしかして次回も文庫書下ろしが収録されているといいなと超期待しています。
瑞垣のサイドストーリーとか読みたいな。

それにしても講談社の『No.6シリーズ』はいつ出るのでしょう・・・

|

« 06月24日のぴょん占い(BlogPet) | トップページ | 「バトン」っていうバトン?!を受け取りました »

コメント

読んだことがないくせに、こっしょり登場のyozoでっす。おはよーございまっす。(@_@)

>「視線」にとても拘っている気がします。
なるほど。こまかく描写されているというわけですね。具体的にイメージしやすいということなのでしょうかね。(違ったらごめんなさい!)

>登場人物が殆ど中学生なのに随分と
>大人っぽい、理屈っぽい思考をしています。
中学生なら、自分の言動に理屈をつけるのは無理かもしれませんね。大人なら言葉にできますから、そこで理屈っぽいとなるかもしれませんね。

>個性豊かでみんなそれぞれ自分に問いかけ
>ながら迷いながら進んでいる。
自分がたくさんいると考えたら、それぞれがそれぞれの生き方があるわけですからね。
登場人物が生き生きしているのですね♪
(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ウンウン

投稿: yozo | 2006年6月26日 (月) 09時15分

ととろさん、こんにちは♪(*'ー')
気になるのにまだ読んでいない作品です。
>文庫化に当たって前回同様書き下ろしが収録されてました
これは本当に嬉しいですよね!!メインの登場人物以外の話を読めるだなんて素晴らしい!!素敵な読者サービスだと思います♪

投稿: まゆび | 2006年6月26日 (月) 17時03分

【yozoさま】
コメントをありがとうございます。おかげでなんとか続いています>感謝

視線はね、見る事による感情のゆれとか、相手の視線を追うことによって不安定な感じが出たり、あと、著者の意識をちらつかせたり、いろんな場合があります。
この書き方は癖があるので、合わないとまだるっこしいと感じるかもしれませんが、私は好きです。
あさのさんの一般書でもこの傾向はあるような気がする。
来年の夏、映画化だって?!どうなんかなぁ・・・
今回新刊で同じく児童書出身の森絵都さんの「DIVE!!」も出てますが、こっちの映像化も見たい気がする。
迷った末、「DIVE!!」は未購入ですが・・・(^^;

【まゆびさま】
そうそう、文庫化に当たって書き下ろしが収録されたり、著名な方の解説が付いたりするとかなり心が揺れますよね。
これで単行本やノベルズ版を買ったのに文庫も購入って人がいると思う(^^)

投稿: ととろ | 2006年6月26日 (月) 19時28分

ととろさん、こんばんは。
バッテリーですが、実は、まだⅣまでしか読んでないんです…と言うよりも、Ⅳの途中で挫折下って言うか(笑)
巧の触れたら切れそうなところがすごく好きなのに、読んでいるうちに、巧の個性に疲れちゃったのでした。
ととろさんがおっしゃってる、視線、感情のゆれのせいかもしれないな。
あさのさんって。ぎしぎし書いてくタイプだから、好き嫌いが別れるかもしれませんよね。それこそ大作家の条件だと思ったりします。
映画化?巧のイメージを壊してほしくないけど、実写ですよね?

投稿: てるひ | 2006年6月27日 (火) 01時16分

【てるひさま】
バッテリー挫折ですか・・・Ⅳってのがミソですね。Ⅲからちょっと感じが変わっちゃったからね。
私は癖のある文も気にならないのですが(「癖があるなー」ぐらい)あさのさんの感じはかなり好きな方です。
何しろ高村薫が大好きなんですから、いや栗本薫も「癖があるー」と言いながら読んでいたし・・・>でも『晴子情歌』30pで挫折中、故に『リア王』も未読(あっ、最近作何も読んでないやん)。しかも『グインサーガ』も挫折だし(笑)

機会があったらⅤまで読んでみてね。このラストも意見の分かれるところだと思う。私は○でしたが。

投稿: ととろ | 2006年6月27日 (火) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/10677891

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーⅤ:

» あさのあつこさん著 『バッテリー』を読んだよ!! [のんびり前進じたばた生活]
お友達の「夢見るととろ日記」のととろさんのところで よく目にするあさのあつこさん。 全く知らない作家さんでした。女優の浅野温子さんかしら?とか一瞬思ったり。(笑) さてさてこちらのお話はバッテリーという言葉で... [続きを読む]

受信: 2006年10月24日 (火) 16時18分

« 06月24日のぴょん占い(BlogPet) | トップページ | 「バトン」っていうバトン?!を受け取りました »