« ぴょんの夏休み前お友だち訪問@俳句を求めて三千里 | トップページ | ぴょん、グループへの3度目の投稿♪ »

2006年7月16日 (日)

チョコレートコスモス

チョコレートコスモス  恩田 陸  毎日新聞社

久しぶりの恩田さんです。今回は演劇物です。

恩田さんなので(?)、本作も語り手が変わっていきます。主人公は女優たち。そこに関わる脚本家と演出家、かれらも演劇の深みにどっぷりと関わっている。
演劇界では今度杮落としをする劇場のオープニング企画が噂になっていた。「重鎮プロデューサー芹澤による女二人が主役の芝居。水面下での手の込んだオーディション。」脚本家 神谷もホンがあがったらスタッフによる選考、とプレッシャーを掛けられる。

大学生 佐々木飛鳥、まだ演劇者としては素人に近い彼女が主人公の一人。実は彼女をみて漫画『ガラスの仮面』の北島マヤが頭に浮かんだ。それくらい彼女は演ずる事に関しては天才的な感性を持っている。

今一人は、サラブレッド 東響子。漫画で言えば姫川亜弓か(笑)、名実ともにナンバーワンの女優だ。しかし、今回のオーディションに彼女は選ばれなかった。何故?彼女はプライドと焦燥に駆られ、オーディション会場へ向かう。そこには、現在響子と共演しているアイドル 安積あおい、ベテラン女優 岩槻徳子、響子の従姉妹の新進女優 宗像葉月、そして無名の少女 飛鳥がいた。彼女らがオーディションで演ずる二人劇をみせられ響子は役者の本質に、演ずるという事に衝撃を受ける。
そしていよいよ最終選考。芹澤はオーディションの相手役を響子に依頼する。こともあろうに!彼女はそれを受けてたった。

最終オーディション場面もわくわくしどおしです。一度は辞退した飛鳥は響子の演技をみて心を揺らす。飛鳥は問う、「舞台の向こうにあるものを知りたい」。響子も体験する、舞台の異境地を。
盛り上がりますねー。『ガラスの仮面』に嵌った方ならばこっちにも嵌ることでしょう!
ということで、とても読みやすく、通して楽しめました。

恩田さんの最新作をこんな読み方をしてしまってごめんなさい。でも、どーしても頭をよぎって離れなかったの。
実は再開されている『ガラスの仮面』は未読です。20年以上前にコミックスで読んだきり。どうやらそちらも大詰めらしいですね(笑)

|

« ぴょんの夏休み前お友だち訪問@俳句を求めて三千里 | トップページ | ぴょん、グループへの3度目の投稿♪ »

コメント

ととろさん、こんばんは♪(^▽^)/
>恩田さんなので(?)、本作も語り手が変わっていきます。
おお、これは気になります!!
語り手が変わるパターンの本はとても楽しく読めたので、
コチラも期待大です!!(゚-゚*)(。。*)ウンウン
「ガラスの仮面」は読んだことがないのですが、
以前からずっと読んでみたいなぁと思っていました。
再開されていることさえも知らなかったです。
今度古本屋でチェックしてみようかしら?

それにしてもこの本、女優さんたち、そして周りのスタッフたちとの絡みが非常に気になります。こちらの本予約入れようと思って忘れてた。。。今度行ったときに入れてきます。楽しみだなぁ♪

投稿: まゆび | 2006年7月16日 (日) 18時44分

【まゆびさま】
彼女は人物の立ち位置を非常に丁寧に描写してるような気がします。
だから視点が変わると展開が顕著で複雑な気分になります。現実の人間関係の複雑さ感じられる。

この作品はとても読みやすく、明瞭に落ち着くところに落ち着きます。と、私は感じました。(よわよわ>爆)
やはり、漫画を読んでいたという影響も外せないですが、関係なくきっと楽しめると思います。
こんな感想を書いちゃって、恩田ファンには怒られそうですね。

投稿: ととろ | 2006年7月16日 (日) 19時37分

ととろさん、こんばんはー♪
恩田さんの本ですね。ガラスの仮面もタイトルは良く見かけますが、読んだことはないと思いますね。=①。①= ふにゃ?

>演ずるという事に衝撃を受ける。
演ずる・・・ですか。どんな感じなんでしょうね。
その役になりきり、その役どころを存分に表現するってところなのでしょうか(?)
『舞台の向こうにあるもの』ってなんだったのでしょうね。気になりますね。(゚ー゚)(。_。)ウンウン

投稿: yozo | 2006年7月16日 (日) 23時41分

【yozoさま】
いつもコメントをありがとうございます。
やっぱ『ガラスの仮面』は古すぎたか!(笑)
最近の演劇物漫画知らなくて(^^;

ふふふ、気になるでしょ?まさにそこが狙いです!

投稿: ととろ | 2006年7月17日 (月) 00時47分

ととろさん、こんにちは♪(^▽^)/
トラバ入れさせてもらったのですが、
反映されていないようで。。。(^^;;
もしかしたらメンテの影響でなにか設定が変わっちゃってるのかしら?
入らないと思って何度かトラバを送っちゃったので、
もしかしたらいっぱい重複してるかもです。
もしそうだったらごめんなさい。(*- -)(*_ _)ペコリ

で、こちらの本、ととろさんの記事を見て楽しみにしていたのですが、
本当に面白い本でしたね!!
最終オーディションのシーンは私もドキドキしながら読みました。
あまりにも面白かったのでガラスの仮面の世界が
すごく気になってしまいました!!

投稿: まゆび | 2007年1月17日 (水) 17時36分

【まゆびさま】
いっぱい本をこなされてますね!すごいっ!
トラバはこちらで繋いでおきました。ココログメンテの影響かもです。こちらからもトラバを入れさせていただきました、よろしくね。

本当に終盤に向かうにつれ盛り上がる作品でしたね。演劇に取り付かれた人たちのアツイお話です。
こんな風に生きられないととろには眩しいような、恐いような人生です。何かに獲りつかれる、って一度でいいから味わってみたいなって思える、でも一度の体験ですまないから業なのですよね。
ガラスの仮面!是非是非(笑)

投稿: ととろ | 2007年1月17日 (水) 19時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/10965898

この記事へのトラックバック一覧です: チョコレートコスモス:

» 恩田陸さん著 『チョコレートコスモス』を読んだよ!! [のんびり前進じたばた生活]
予約を入れるつもりで忘れていたこの本。 こんなに早く入手できるとは思っていませんでした!! 先日図書館へ行ったら普通に棚に置いてあったのですよ!!v(。・ω・。)ィェィ♪ なんだかラッキーです♪ さてさてこちらの本で... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 17時28分

« ぴょんの夏休み前お友だち訪問@俳句を求めて三千里 | トップページ | ぴょん、グループへの3度目の投稿♪ »