« 08月06日のぴょん占い(BlogPet) | トップページ | 少年陰陽師 7 「焔の刃を研ぎ澄ませ」 »

2006年8月 6日 (日)

少年陰陽師6「黄泉に誘う風を追え」

少年陰陽師6「黄泉に誘う風を追え」  結城 光流  角川ビーンズ文庫

はい、いよいよ件の6,7巻に突入です!
ということで、今回は続きでアップ!

何故か?!一気に読んでどこまでが区切りか分からなくなっちゃったのよ~(/||| ̄▽)/!!!
ということで、「風音編=クライマックス予告編=」行きます!>おいっ

前巻では、防人の霊を収める事はできたのですが、忍び寄る悪しき罠を取り逃がした昌浩たち。ととろも気配ばっかりで欲求不満ぎみのもやもやを抱えたままでは落ち着きません。間をおかず読み進む。
だんだんと今回の確信に近づいてきました。己の欲望を成すために閉ざされた黄泉への扉の封印を解こうと画策するのは五十余年前の人物ー紅蓮の傷の真のありかーだった。風音の正体もだんだんと明かされていく。
同時に悪のたくらみを封じるために、晴明の指揮のもと昌浩をはじめもっくん(紅蓮)、六合他神将たちが奔走するが、展開は恐るべき方向に!!!紅蓮が悪の術中に>もうこれ以上は申せません。驚愕の展開にこの後はどうなってしまうんだ!
真実を聞くためにひとり貴船へ高淤(たかお)の神に会いに行った昌浩が迫られた選択を彼はどうするのか?!
やっぱり、これは続けて読むしかないですね。

中宮の姫宮 脩子の孤独な心を利用して風音は黄泉の瘴穴を穿つ呪詛を施します。風音は自分のトラウマを感じながらも彼女が信ずる宗主に従います。六合の言葉を気にしながらも宗主から離れる事ができない風音の心を思うと胸が痛みました。。
さて、今回も新しい神将が登場です。勾陳(こうちん)。彼女は紅蓮と同じ戦いの神・凶将のひとり。見目は二十歳ぐらいの切れ長の黒曜石の瞳、藍色の短い衣の下には黒い晒し>カッコイイ(*^^*)
しかも彼女は人をとてもよく観察している。他者への理解の度合いが深いです。ととろの好みのタイプ、「お姉さま・・・」ってお呼びしたい>でも凶将。
そして、ますます確信へと向かう、六合の×××。
さあ、7巻へ突入~>次へどうぞ(笑)


こちらのシリーズは『KOROPPYの本棚』KOROPPYさまよりご紹介いただきました。KOROPPYさまの感想はこちらです。
また、私のちょっと前を走ってられる『のんびり前進じたばた生活』まゆびさまの感想はこちらです。

|

« 08月06日のぴょん占い(BlogPet) | トップページ | 少年陰陽師 7 「焔の刃を研ぎ澄ませ」 »

コメント

ととろさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
トラバありがとうございます。<(_ _)>
6巻、7巻の感想を連続で読めて嬉しいですー♪
まずは6巻からですね!!
記事を読んで、6巻を読んだときのドキドキワクワクを思い出しました!!ね、ここでは止められないでしょ!!
まゆびはすっかり勾陳の大ファンですー。これからも活躍しそう♪かっこいい!!
さぁ7巻のととろさんの感想が楽しみです♪

投稿: まゆび | 2006年8月 6日 (日) 22時25分

【まゆびさま】
読み方のアドバイスをありがとうございました。おかげさまで一段落をつけてから落ち着いて取り掛かる事ができてすごくよかったです。

どこまでが6巻でどこからが7巻かすっかり混乱してしまったととろですが、とても大事な転換期でしたね。

>まゆびはすっかり勾陳の大ファンですー。

わかります!わかります!
ととろも 勾陳=お姉さま です。
ついていきたい(*^^*)ですね~♪
トラバをありがとうございました。

投稿: ととろ | 2006年8月 6日 (日) 23時02分

ふふふ、もう止まらないって感じですねw

勾陳は凶将ということですが、禍々しさはあまりなくて、
やっぱり"頼れる姐さん"というイメージですね。
クールで、強くて、でも自制心がある感じ。

投稿: KOROPPY | 2006年8月 7日 (月) 15時36分

ととろさん、こんばんはー♪
まずは6巻ですね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>五十余年前の人物
なるほど紅蓮の傷をつけた相手ということですね。一体どんな傷なんでしょうね。(゚0゚*)

>展開は恐るべき方向に!!!紅蓮が悪の術中に
>もうこれ以上は申せません。
>驚愕の展開にこの後はどうなってしまうんだ!
えっ?えっ?どうなるのでしょう?
~ オォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!! w

>しかも彼女は人をとてもよく観察している。
>他者への理解の度合いが深いです。
凶将なのにお姉さまなのですね
どんなのだろう・・・( ・◇・)?(・◇・ )
今度また見ときます

>そして、ますます確信へと向かう、
>六合の×××。
うわ?×××なんですね。ううう・・・気になる♪
(@'ω'@)ん?

投稿: yozo | 2006年8月 7日 (月) 19時07分

【KOROPPYさま】
もう止まれません(笑)
欲求不満と煩悩でぐるぐる~、勿論、胸が痛みすぎて食欲が・・・は、あるんですが(爆)なんだか涙腺が緩んでます。
勾陳、絶対女性ファンがいっぱいですよね。>ってこのシリーズって殆どが女性ファンですよねぇ?(違うかな?)

【yozoさま】
彼らの過去はもう読まないと想像がつかないと思います。ととろも感想を今まで書きながら、毎回想像と違った展開に前の記事を読むのが恥ずかしいぐらい(笑)ま、それもリアルタイムのおかしさというか(^^;
その辺はKOROPPYさまも理解してくださって、とても暖かいコメントで盛り上げてくれます。感謝。

>うわ?×××なんですね。ううう・・・気になる♪
ふふふ、ネタバレ、今回は伏字で挑戦してみました。知ってる人にも知らない人にも可かなと。
話も進むと設定自体もなかなか細かくお話できないので違った方向でアプローチしないとね>できてねーよ!って突っ込みは無しよ♪

投稿: ととろ | 2006年8月 7日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/11304616

この記事へのトラックバック一覧です: 少年陰陽師6「黄泉に誘う風を追え」:

» 結城光流さん著 『少年陰陽師 黄泉(よみ)に誘(いざな)う風を追え』を読んだよ!! [のんびり前進じたばた生活]
さぁどんどん行きます。少年陰陽師シリーズ♪ 今日は第6巻です。 前巻までに12神将は、紅蓮(ぐれん)=もっくん、六合(りくごう)、 青龍(せいりゅう)、玄武(げんぶ)、太陰(たいいん)、天一(てんいつ)、 朱雀(すざく)などな... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 22時12分

» 『黄泉に誘う風を追え』 結城光流 [KOROPPYの本棚 ]
少年陰陽師シリーズ風音編。 風音の正体や紅蓮の"罪"が明かされ、事件の背景が大分明らかになってきました。 毎回痛々しい戦闘シーンがありますが、今回は特に目を覆いたくなるような辛い戦いでした。 心身共にずたぼろになっても泣かない、昌浩の健気さが切な過ぎます。 母親定子に甘えられない、脩子(ながこ)の淋しさ。 衝撃の展開に動揺し、揺れる十二神将たち。 自らの力の衰えを感じ、唯一の後継者と定めた昌浩を想う、晴明。 周りの人物の揺れる心情が、よく描かれていました。 そして今回も六合はカッコよいですね。 無言... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 15時33分

« 08月06日のぴょん占い(BlogPet) | トップページ | 少年陰陽師 7 「焔の刃を研ぎ澄ませ」 »