« キリぺたのカウプレを頂きました♪ | トップページ | 08月06日のぴょん占い(BlogPet) »

2006年8月 6日 (日)

少年陰陽師5「六花に抱かれて眠れ」

少年陰陽師5「六花に抱かれて眠れ」  結城 光流  角川ビーンズ文庫

しばらく間を置いてしまった感があります「少年陰陽師」シリーズの第5弾です。決してこの間、頭から離れた事は無かったのですが時期というものもありますからね。
4巻より「風音編」が始まったわけですが、シリーズも波に乗ってきたのでしょう、どんどんキャラクターも充実してきました。
一番の関心は12神将ですね。今までの登場は、人気度№1もっくん(紅蓮)、六合、青龍、天一、朱雀、玄武、彼らは姿を確認できていますね。今回新たに加わったのが、太陰=可愛らしい風貌に似合わず荒っぽい(笑)まさに台風。
この楽しみはこれからも毎回続くんだね?楽しみだなぁ(あさぎ桜さんの描くイラストが素晴らしいのです)

今回の目玉は冒頭から登場の貴船の祭神「高オ(字が出ません)神(たかおのかみ)」。昌浩をいたく気に入りたびたび憑依する。勝手に「高淤(たかお)」と呼ぶように命令したり、変な予言を残したり。しかもなんと女神だったというから、彰子でなくてもビックリです。
そして、風音といえば影で策を巡らせているのですが、失敗続きで自己嫌悪モード、どうも憎めないのです。六合との絡みも今後すごく気になるところ>何か起こるのでしょうか♪o(^o^o)(o^o^)o♪
最初は晴明と絡むのかとも思ったのですが、こっちの方が気になってます。ますます期待に胸が膨らみます。どうも彼女に命令を下しているモノが晴明や紅蓮、青龍に深く関わっていそうな気配も。
いやぁ~ん、みんな気配ばっかりよ。

今回の話では昌浩の中に入り込んだ防人の霊により、彼は苛まれるというテーマでした。彼の優しさで鎮める事ができたのですが、それは高淤の神ですら唸らせる昌浩の能力です。その心で紅蓮の苦しみの一片を感じた昌浩が紅蓮に掛けた言葉。晴明の紅蓮へのいたわりの眼差し。それだけあっても癒しきれない紅蓮の傷とはなんだろう・・・
こっちの話も気になるところです。それに深く関わっている青龍の憎しみのありかを私も知りたいです。


こちらのシリーズは『KOROPPYの本棚』KOROPPYさまよりご紹介いただきました。KOROPPYさまの感想はこちらです。
また、私のちょっと前を走ってられる『のんびり前進じたばた生活』まゆびさまの感想はこちらです。

そして、過去の少年陰陽師シリーズはこちらです。

1.異邦の影を探し出せ
2.闇の呪縛を打ち砕け 
3.鏡の檻をつき破れ 
4.禍つ鎖を解き放て 

|

« キリぺたのカウプレを頂きました♪ | トップページ | 08月06日のぴょん占い(BlogPet) »

コメント

ととろさん、こんばんは♪(o^∇^o)ノ
おぉ。風音編、読み始められたのですね!!
太陰はこれから大活躍ですよ♪(o^-^o) ウフッ
それにしてもととろさんはまとめるのが上手いです。まゆびがネタバレで記事を書いているのは、上手くまとめられなかったから。(爆)
私はちょっと気を使いすぎなのかもしれないですね、ネタバレに関して。これくらい書いたほうが興味を持ちやすいかもしれないです。もうちょっと書くようにしようっと♪
六合、風音の絡みは期待してくださいませ♪
次は6巻ですねー!!記事楽しみに待っていますね!!
トラバありがとうございました♪こちらからも送らせていただきました♪<(_ _)>

投稿: まゆび | 2006年8月 6日 (日) 01時04分

【まゆびさま】
コメントが素早いですっ!さすが休日(笑)
いえいえ、まゆびさまのネタバレへの配慮はすごくありがたいですよ。どうやら他にも本作に興味をお持ちの方がそちらにいらっしゃるようなので、私もなんとかネタバレに注意して、且つそそられるような一言を探していきたいと思います。
まだまだ、追いつけませんが頑張って追いかけますね♪
どうぞよろしく~

>六合、風音の絡みは期待してくださいませ♪

やっぱ、こっちかー(笑)尋常じゃないですよね、六合にしては←ここ大事!
超期待!((o(*^^*)o))

投稿: ととろ | 2006年8月 6日 (日) 01時21分

こんにちは。
トラバありがとうございました。

あさぎ桜のイラストは、毎回うっとりの仕上がりです。
高淤が女神だったのは、衝撃的でしたねw

>風音といえば影で策を巡らせているのですが、失敗続きで自己嫌悪モード、どうも憎めないのです。

そうそう、完全な悪役ではないですよね。
憎みきれず、なんとかしてあげたい感じ。

>いやぁ~ん、みんな気配ばっかりよ。
だからこそ一気読みしたくなっちゃうでしょ? w

投稿: KOROPPY | 2006年8月 6日 (日) 08時46分

【KOROPPYさま】
こちらこそトラバをありがとうございました。

あさぎさんのイラストはこのシリーズにぴったり。まさにベストコンビですよね。毎回人物紹介の一こまが楽しみとなっております。これで読む気分も盛り上がって最初のページをめくるの(▽`*

>だからこそ一気読みしたくなっちゃうでしょ? w

まさしく!一度入ったら後戻りはできない、ですね>うれしい悲鳴

投稿: ととろ | 2006年8月 6日 (日) 09時18分

ととろさん、おはよーございまっす♪
おー!やっぱりもっくんは人気No.1なのですね。
さっすがもっくんだ。
高淤(たかお)さんという困ったキャラも登場なのですね。(*^-^)

>いやぁ~ん、みんな気配ばっかりよ。
ううう・・・気配ばかりなのですね。
ますます気になりますよー(゚-゚*)(。。*)ウンウン

>彼の優しさで鎮める事ができた
それはすごいなぁ~♪闘ってねじ伏せるのではないのですね。昌浩えらい!って今さらでっす(*^-^)

>癒しきれない紅蓮の傷とはなんだろう・・・
もっくんの傷ですか?
うーん。シリアスモードですね。
どうしても過酷な戦いからは逃れられないのだから、
当然シリアスも多くなりますね。
その中でも、心で鎮めるという昌浩に感動です。
次も楽しみにしてますよ。v(*'-^*)bぶいっ♪

投稿: yozo | 2006年8月 6日 (日) 10時31分

きのうは命令したかったの♪
また玄武へ確認するはずだったみたい。

投稿: BlogPetのぴょん | 2006年8月 6日 (日) 13時53分

【yozoさま】
もっくん人気は不動です!
高淤にはビックリでしたよ。だって今までのセリフどう考えたって男神なんだもん。
「女~?」って。でも最近読んだ文庫の方にあさぎさんのイラストがのっていたのですが、なかなか妖しげな風貌の女神だったので、イメージが膨らみました。

>ますます気になりますよー

yozoさま以上に気になっていたととろです(笑)故に続きを一気読みしました(爆)
でも、再びその後が気になったという・・・いったい私はどこまで読めば落ち着くの?!ですよ。

過去を引きずっている人間味溢れる神将たちはとても個性に溢れていて本当に魅力的です。
あまりどっぷりにならないほうが、さらっと愉快に書けそうですが、今後の展開では難しそうなの(^^;

投稿: ととろ | 2006年8月 6日 (日) 21時43分

【ぴょん】
ととろに命令?
何故、玄武?是非、紅蓮に確認をよろしく~(*^^*)

投稿: ととろ | 2006年8月 6日 (日) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/11290633

この記事へのトラックバック一覧です: 少年陰陽師5「六花に抱かれて眠れ」:

» 結城光流さん著 『少年陰陽師 六花(りっか)に抱かれて眠れ』を読んだよ!! [のんびり前進じたばた生活]
図書館に行って延長をお願いして来ました!!少年陰陽師シリーズ!! まゆびの行っている図書館は予約さえ入っていなければ 延長できるのでラッキーです♪(*^-゚)v 今回は5巻目です。 六花とは、雪の結晶が六角形であるところ... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 00時53分

» 『六花に抱かれて眠れ』 結城光流 [KOROPPYの本棚]
少年陰陽師シリーズ第5巻。 今回は珍しく、読んでいて痛々しい戦闘はなく、穏やかな展開です。 それよりも紅蓮の過去や、それを知った昌浩や晴明の対応、防人の想いなど、心の絆で魅せてくれました。 それにしても、安倍晴明は懐の広い漢(おとこ)ですね。 最初は"たぬきじじい"なんてイメージが崩れる、と思っていましたが... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 08時51分

« キリぺたのカウプレを頂きました♪ | トップページ | 08月06日のぴょん占い(BlogPet) »