« 秋3点セットの完成♪【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | お初☆みゅうみゅうちゃんとツーショット♪【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 »

2006年11月16日 (木)

時の"風"に吹かれて

時の"風"に吹かれて  梶尾 真治  光文社

以前、ブログのお友だちの間で梶尾真治さんの『黄泉がえり』が話題になりました。ととろは映画を劇場で見たのですが、原作どころか梶尾作品は全くの未読でした。
映画でみてしまうとイマイチ原作を後から読み返そうという気がそがれてしまうととろです。悪い癖ですね。
ところがその会話の中でお友達の一人『webでお絵かき』柴成さまの「梶尾さんは次世代の星新一だ」というコメントをお聞きして、がぜん興味が沸きました。何を隠そう、中学時代(笑)星新一氏の大ファンだったととろ、これは捨て置けません。

今回は話題の作品ではありませんでしたが、短編集ということでよりその香りを楽しめるのではないかと(テーマもね)本作をチョイスです。
なんと11篇の作品が収められています。
テーマは「時の旅人」「時を越えて」って感じかな?>かなり大雑把(苦笑)
タイムトラベルだけではなく中には「時の狭間」に迷いこんだようなお話もあり、またちょっと自分だけが違う世界を覗いているような作品もあり、とてもバラエティに富んだ作品集です。
そしてお友だちの言葉にも納得。星さんとは切り口は違いますが、話の落とし方、あるいは放り出されたようなオチ、文章もワンセンテンスが短めで美しい。短編集だから尚更感じるのかしら?長編を読んでいないのでその辺はわかりませんが・・・。
その中で特に印象的だったのは「わが愛しの口裂け女」。タイトルからは想像がつかないほどロマンチックなお話です。特にそのロケーションが実はととろの実家のある町(笑)、本当にその噂は子供時代にありました。
あと「その路地へ曲がって」も心に残る作品でした。
オチが面白いのが「声に出して読みたい事件」「ミカ」。
きっと読まれる方によってイメージも膨らむことでしょう。
まさしく星氏のショートショートはそこが魅力の非常に技術を駆使されたそして簡素なセンテンスの芸術ですよね。本当に昔に読んだので再読したらどんな印象を受けるのか?と今回思いました。実家に残っているかしら?昔の文庫は紙質もかなり悪くすぐに黄ばんでしまうのですよね。

梶尾作品はとても好印象。他の作品もまた機会を見つけて読みたいです。



お友だちで梶尾氏の『黄泉がえり』をエントリされているのは『KOROPPYの本棚』にて「『黄泉がえり』 梶尾真治」、『のんびり前進じたばた生活』にて「梶尾真治さん著 「黄泉がえり」を読んだよ!!」です。

|

« 秋3点セットの完成♪【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | お初☆みゅうみゅうちゃんとツーショット♪【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 »

コメント

ととろさん、こんばんは♪ヾ(=^▽^=)ノ
トラバありがとうございました~。ペコリ(o_ _)o))
梶尾さんの作品は「黄泉がえり」のあとは手付かずなのですが、
こちらを読んだら私も興味が高まりました~。(笑)
私も星新一大好きですし♪(*'ー'*)ふふっ♪

こちらは短編集なのですね~。
タイムトラベル系のお話はかなり好きですし、
バラエティに富んだ作品集ということで
ますます興味津々!!
こちらも読んでみたいリストに入れておきます!!
情報ありがとうございました!!(*- -)(*_ _)ペコリ

投稿: まゆび | 2006年11月17日 (金) 00時04分

こんにちは。

『黄泉がえり』から他の作品に手を伸ばそうと思いつつ、
そのままになってました(^^;;

>話の落とし方、あるいは放り出されたようなオチ、文章もワンセンテンスが短めで美しい。

センスの光る文章、魅かれます。
図書館にはないようなので、
お取り寄せお願いしちゃおうかなぁ...。

投稿: KOROPPY | 2006年11月17日 (金) 09時51分

こんにちは。
梶尾真治さんいいですよね~。
私は「黄泉がえり」は未読なのですが、同様に映画原作となった「クロノス・ジョウンターの伝説」がお薦めです!
機会があったら、ぜひ♪

投稿: ばな | 2006年11月17日 (金) 10時05分

【まゆびさま】
あの時の皆様のブームから随分と遅れての読了ですが(しかも他作)、あの時未読ながらもお話をして良かったなと思った作品でした。
ととろはよく皆様の会話に横入りしちゃうけど(汗)こんな風に自分も感化を受ける事ができたのは、そんなととろを許してくださる暖かい皆様のおかげです。
SFでは星さんから中学時代は筒井康隆さんや半村良さんに移行してしまって・・・。
星さんのショートショートは星さんでなければ書けない作品ですよね。

こちらの短編集は本当に小品ですがととろの梶尾さんへのイメージアップにバッチリでした。さて、次はやはり長編かしら?

【KOROPPYさま】
あの時のお話で梶尾作品に興味を持ちましたので本当によいエントリをありがとうございました。会話って本当にすばらしいですよね。記事以上に多くの楽しみが産まれます。
すばらしいことです。

小品の短編集ですがうまいなと思える一冊でした。ととろも長編にチャレンジをしてみたいです。

【ばなさま】
コメントをありがとうございます。ばなさまも梶尾氏のファンなのですね♪読書家にファン多し、すごい、梶尾さん(笑)
他にも映画の原作があったのですね。知りませんでした。なるほどこちらはみていないのでまずはこちらを探して見ます。図書館の棚を眺めるのが趣味のととろですが、このタイトルは覚えが無いので蔵書を検索してみなくては。
紹介も頂いてありがとうございます。

投稿: ととろ | 2006年11月17日 (金) 20時42分

ととろさん、こんばんはー♪
梶尾真治さんの『黄泉がえり』はまだ読んでないんですよね。(^-^;ちょっと入りにくいかなぁ~と外からこっしょりのぞいてました
ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

>「時の狭間」に迷いこんだようなお話
ほほぉ~♪φ(・・。)ゞ ウーン
時のパラドックスの内容っておもしろいですよね。

>「わが愛しの口裂け女」
ロマンチックな話とは・・・悲劇というのは想像つくのですが、どんなのでしょうね。それとロケーションの町というのも気になりますね。

余談ですが・・・

>ショートショート
ちょこっと読みを数年にわたって繰り返した経験ありです。おもしろいと感じるときに一つだけ読むといった感じで・・・弟の本だったので、こっしょり読んでましたね┐( -"-)┌ヤレヤレ...

投稿: yozo | 2006年11月17日 (金) 23時58分

星さんのショートショート、好きです。
子供の頃読んで、やたら面白かったのが印象的で
今も持ってます。

梶尾真治さんの作品は、読んだことないです。
今度、手にとってみたいです。
タイトルから面白そうですよね^^

投稿: 美香 | 2006年11月18日 (土) 06時59分

【yozoさま】
うんうん、気分っていうのもありますよね。『黄泉がえり』がまさしくととろにとってそうでした。
映画を見ちゃったのでね。
パラドックスはタイムトラベルモノにもよく出てきています。昔、筒井さんの「タイムトラベラー」がNHKで放送された時(笑)たくさんSF作品を読みましたが当時はそういうネタも多かったですよね。
そういえば「バックトゥーザフューチャー2(だったか?)」でもあったよね。
それとは別に時を切り刻んだっていうイメージでその一瞬に飛び込んだとか、他にもいろんなスチエーションがありましたよ♪面白そうでしょ?

>「わが愛しの口裂け女」

ロマンチックです。何故か口裂け女がロマンチックものになっている(笑)ちょっとじわっと来ましたもの。
星さんのショートショート(といえば星さんですよね!)は短い時間の読み物としてもまさしく文庫向きのものでした。ととろは勿論文庫で読みましたよ。

【美香さま】
わぁ、美香さまも星さんのファンだったのですね♪今も持っているとは!ととろも実家に行けばきっとあると思います。ま、箱の中には見られてまずい本もいっぱいあるのですが(爆)封印して嫁に出ました。
いつかあのダンボールをあけると自分の学生時代の思い出がいっぱい飛び出してきそうです。ただ、あの細かい虫が出ていないかとそれが心配。>開けるの怖い

梶尾氏の作風はSFの中ではとても入り易いと思います。

投稿: ととろ | 2006年11月18日 (土) 19時30分

ととろさん、こんにちは。
てるひも、子どもの頃、星新一さん大好きでしたが、
梶尾作品は、読んだ事がありません…
短く、美しくはじけるような文章が好きなので『時の"風"に吹かれて』読んでみたいです。
タイトルも心ひれるお話が多いですし、
ふとした瞬間に迷い込んでしまう世界って、ぞくぞくしますよね。
路地裏には、わくわくとドキドキがいっぱいですし。
口裂け女。うわさ…ありましたよね。怖い噂でしたが、この物語は悲しくて、美しいのですね?
うっとりです。

投稿: てるひ | 2006年11月19日 (日) 16時54分

【てるひさま】
おぉ、てるひさまも星氏のファンなのですね\(^o^)/
人気ですね、星氏。
子供の頃に先の見えない交差点を曲がる時とか夕暮れ時はドキドキしましたね。なにかありそうな・・・
てるひさまの詩的な世界とも共通する香りがあると思います。
口裂け女には胸がきゅんとなりました。

投稿: ととろ | 2006年11月19日 (日) 22時51分

星新一、大人気ですねーΣ('0'*)
ご多分に漏れず、わたしも星ファンであります♪
星氏は大天才だと思っています。
父の書棚にあったショートショート、何度繰りかえし読んだことか。読むたびに、ラストではっとさせられるその技には、いつも感動します。

>「梶尾さんは次世代の星新一だ」
そうなのですかー。梶尾氏のことは恥ずかしながら存じませんでした。でも!ととろさん同様に俄然興味津々♪手を出しちゃおうかしら~

こうやって、自分の興味ある作家さんからリンクする作家さんや、ルーツとなる作家さんへ広がるというのも楽しいですよね♪音楽も同じく。好きなアーティストが尊敬するアーティストにも興味がわいたり。エンドレスです★

投稿: mio | 2007年1月27日 (土) 23時15分

【mioさま】
梶尾氏も有名ではありますが、彼を知らなくても星氏はやっぱりかなり昔の作家さまとはいえ、一ジャンルを築いたという意味でもそしてやっぱりその巧さでも知名度は抜群ですよね。ファン多し!
梶尾氏お奨めです。ととろも映画で知ったのみ。SF界では有名だとは思いますが、長い間SFから遠ざかっていたのです。

本当、こうやって繋がって行くその過程が、ひとときがとても至福のときです。どんどん視界が開けて行くようなそんな気持ちになりますよね♪

投稿: ととろ | 2007年1月27日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/12713839

この記事へのトラックバック一覧です: 時の"風"に吹かれて:

» 梶尾真治さん著 「黄泉がえり」を読んだよ!! [のんびり前進じたばた生活]
皆様「黄泉がえり」の映画、見られた方も多いのでしょうね!! 実は私全くといっていいほど知らなくって、 話題になっていたことは知っていたのですが、 誰が出ているのかどんな話なのかもほとんど知らなかったです。 漠... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 00時05分

» 『黄泉がえり』 梶尾真治 [KOROPPYの本棚]
温かい涙を流しました。 最初は厚みを感じましたが、ページ数に値する内容のある作品でした。 熊本で局地的に、死者が甦る現象が相次ぎます。 幽霊ではなく、亡くなったときそのままの年恰好で、健康体となって戻ってくるのです。 喜びつつ受け入れる周囲の人間と、戸惑う行政。 そして"黄泉がえり"現象は、全国に知れ渡る... [続きを読む]

受信: 2006年11月17日 (金) 09時43分

» 『時の"風"に吹かれて』 梶尾真治 [KOROPPYの本棚 ]
SF短編集。 のっけから、「時の"風"に吹かれて」で引き込まれてしまいました。 火事で亡くなったという、伯父の想い人を助けるため、タイムスリップする恭哉。 正統派なストーリーと、優しい空気に心温まりました。 逆に、ギャグのような展開で楽しい作品もありました。 貧血を起こした美女を助け、そのまま恋に落ちた2人を描く「月下の決闘」。 一言も言葉を発しない男の代わりに、電話を掛けてあげる「弁天銀座の惨劇」。 早口言葉の応酬が激しい「声に出して読みたい事件」。 どれもSFパロディのようで、面白かったです。 ... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 17時49分

« 秋3点セットの完成♪【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | お初☆みゅうみゅうちゃんとツーショット♪【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 »