« ありふれた風景画  あさの あつこ | トップページ | クリスマスBlogPet背景第5弾 »

2006年12月 9日 (土)

ROMES06  五條 瑛

ROMES06  五條 瑛  徳間書店

この方の新刊は絶対にチェックしているととろ。対北スパイモノを得意とする五條氏、今回のテーマは最新にして最先端の警備システムROMESに守られた西日本国際空港。
ここにチームと名乗るテロリストから脅迫状が届く。「西日本国際空港を今すぐ閉鎖しろ」そして今まで何事も無かった空港に警備システムの隙間を突くかのような事件が起こる。
警備システムに挑戦するテロリスト対最先端システムROMESとただ一人ROMESの全貌を知りシステムの最高運用責任者 成嶋優弥との攻防戦。
ROMESの全貌も知らされず(中のスタッフたちも知らない)テロリスト チームの目的もハッキリしないまま事件が進んで行く。五條氏の作品を知るならばその辺は気にせずどんどん読み進めます。
今回の魅力はやはり成嶋とスタッフ 砂村か。登場人物たちも何かしら含みを持ちながら動くのがワクワク感をくすぐる。
ただ、現場が日本であることとテロリストも日本人ってこと、その辺がテロリストっていうのも少々規模が小さい気がしてしまって。実際、ラストもさほどダイナミックとはいえない感じは否めない気がする。
やっぱり国際モノを書いて欲しいなぁ・・・などと思ってしまう。
そこそこ楽しめたけどちょっと物足りない気分が残る。さて「革命シリーズ」はいつ出るのかな?って前作を既にすっかり忘れているととろ(^^;

|

« ありふれた風景画  あさの あつこ | トップページ | クリスマスBlogPet背景第5弾 »

コメント

きのうは感をちょっとしたいなぁ。
さて徳間書店は人物は挑戦したよ♪

投稿: BlogPetのぴょん | 2006年12月13日 (水) 13時25分

【ぴょん】
感をする?燗ををする?>おいおい
徳間書店の挑戦!面白そうだ。内容を教えてほしいもの。

投稿: ととろ | 2006年12月15日 (金) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/12999661

この記事へのトラックバック一覧です: ROMES06  五條 瑛:

« ありふれた風景画  あさの あつこ | トップページ | クリスマスBlogPet背景第5弾 »