« クリスマスをちょっと休憩♪冬背景セットをお借りしました【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | ROMES06  五條 瑛 »

2006年12月 9日 (土)

ありふれた風景画  あさの あつこ

ありふれた風景画  あさの あつこ  文藝春秋

あさのあつこ氏のヤングアダルト部門らしい一冊でした。随分と前に読了をしていたのですがなかなか記録をかけなかった。。。
バッテリーでは男子中学生の関係を瑞々しく新鮮に描いたあさの氏。
今回は女子高生のお話です。
ウリをやっていると噂で校内でも目立つ2年生の高遠琉璃が上級生に呼び出される場面から始まり、えっえっ?そういうお話?って思っていたら、いやいや、そこで美貌の持ち主で特異能力を持っていると噂されて校内でも目立っている3年生綾目周子によって助けられる。
琉璃は他の子とは違う自分を持て余していた。そこに自分をしっかりと持っている周子に出会い徐々に惹かれて行く。
その過程の描きかたは流石あさの氏だわと思わせるものがある。春に出会いがあり、夏、秋、冬、そして周子の受験を経て春で終わる一年間。現役女子高生が読んだらどうなんでしょうね。ちょっと興味あり。ととろにはちょっと大人びてる感じを受けるのは気のせいかしら?
それにしても孤立した孤高の人物が大好きなあさのさんです。彼女の描くこんな人物に惹かれますね。こんな風に生きられたらいいなと羨む気持ちが少しあるのかもしれません。
挿絵のやまだないとさんのイラストがすごくピッタリの一冊でした。

|

« クリスマスをちょっと休憩♪冬背景セットをお借りしました【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | ROMES06  五條 瑛 »

コメント

ととろさん、こんにちはー♪
 あさの あつこさんの本ですね。新聞の記事で、いじめられている人へのあさのさんのメッセを読んで、とても心打たれたのを覚えています。
 他の子とは自分は違うのだという思いをもつ主人公が素敵な先輩と出合って、どう変わっていくのでしょうね。学生をしなくなって、随分(?)たつyozoですが、今更ながらの高校生モノが、逆におもしろそうですね。あさのさんも要チェックでっす♪(^○^)

投稿: yozo | 2006年12月10日 (日) 15時54分

ととろさん、こんばんは♪
この周子という女の子がどんな風に描かれているのかすごく興味があります。私自身が人に影響されやすい人なので、自分を持っている人にはあこがれるんですよね~。こちらの本もすごく読んでみたいです!!

投稿: まゆび | 2006年12月12日 (火) 00時30分

【yozoさま】
レスが遅れてごめんなさい。
どうしてもついつい新作を借りてしまうって作家さんはいますよね。
ととろはそれがあさのさんと五條さん、そして福井さん。これは最初から読んでいて多作すぎず追いかけていられるからかも・・・あっ、福井さんはもう追いつけないなぁ・・・(^-^;
好きな作家様はたくさんいますが、新作を追い続けることが出来るのはなかなか難しいです。一回飛ばしちゃうとその気力が無くなる。
それでも少しずつ楽しみたいとは思いますから、さほどそんなことばかり考えてるわけじゃないのですけどね。
さて、この本はあさのさんの作品としてはちょっと物足りなかったです。でも少女小説として読むのもいいかも。

【まゆびさま】
周子はかっこいいです。でも琉璃の気持ちがすごく思春期っぽくていいかな。琉璃から見たお話だからかしら?ととろもかっこいい女性の活躍する話は大好き。自分に無いものを求めるのかしら・・・

投稿: ととろ | 2006年12月12日 (火) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/12999613

この記事へのトラックバック一覧です: ありふれた風景画  あさの あつこ:

« クリスマスをちょっと休憩♪冬背景セットをお借りしました【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | ROMES06  五條 瑛 »