« あけましておめでとうございます【お正月背景セット♪】 | トップページ | キリぺた6000ありがとう!@俳句を求めて三千里 »

2007年1月 7日 (日)

三四郎はそれから門を出た

三四郎はそれから門を出た  三浦 しをん  ポプラ社

活字中毒者 三浦しをんさんの「本」にまつわるエッセイ、といっていいと思います。
連載エッセイごとに全6章(5章6章は単発エッセイ)に分かれている。
それぞれの章ごとに気になったタイトルを記しておこう。一冊に絞るのは難しいけれど、きりがないのでね。

第1章「犬のお散歩新刊情報」:『リアルワールド』桐野夏生(集英社)
   あわわ・・・『グロテスク』までは記憶にあった桐野さん!これは面白そうだ!迂闊でした。

第2章「三四郎はそれから門を出た」:『妄想中学ただいま放課後』宮藤官九郎(太田出版)
   宮藤さんの脚本は際立っている。その彼が同年代の著名人と対談し中学時代の話を聞いて最後にクラスの座席を決める、というものらしい。魅力的なメンバーです。対談ものって割と好きなんです。第1章でも彼の作品は出てましたので、とりあえず宮藤さんの入手可能なものから手をつけたいな。

あっ?!書評が終わっちゃった(笑)
この先は気になるお話をピックアップです。

第3章「本のできごころ」:「棲息するもの」にて。本を愛するものは濃い人間が多いらしい。ってことは自分はまだまだ未熟者ですね。確かにゆる~く楽しむのが好みだし、諦めも早いほうだし執着心も少ない(無理って場合諦めることを選ぶ私)。三浦さんが書店(あるいは古書店)で勤務していた時の不思議な人たちについてのお話。いやぁお店勤務って観察力によってすごく楽しめる職業だね!ととろは事務所だけど自分もその力を磨かなくっちゃ、人生損しちゃう気がする。

第4章「役に立たない風見鶏」:「小樽で見つけた『金融資料館』」にて。ととろは小樽は何度か訪れた事がありますが、ここはまだ行った事が無いです。日本銀行がやってる施設だそうです。是非一回行ってみたいです。次回もし帰省する事があったら、旭山動物園を諦めてもここは行こう!勿論礼文は行ってみたいけど・・・

第5章「本を読むだけが人生じゃない」:「きょうだい仁義」にて。三浦さんのエッセイには家族(特に弟)や友人がよく登場する。しかもかなり強いキャラクターの方々。このエッセイにも素敵なお母様のお話も出てきましたが、やっぱり三浦エッセイといえば弟君です。この話には最初から家族だからと馬が合うわけじゃない、永年暮らして初めてお互いの付き合い方がしっくり行くようになったという話しも出てくる。あーなるほど、自分も一緒に暮らしてはいないけれど大人になったからこそちょっと離れて母親や姉妹に対する事が出来た気がする。それは私の場合は別々に暮らしているって部分も大きいのだけれど。

第6章「愛の唄」:「とんまつりJapan」みうらじゅん(集英社文庫)
   あっ!本の感想が戻った(笑)。この本はみうらさんが全国のへんてこりんな祭りを見物しレポートするというものらしい。みうらさんのコラムも好きだし、ネタも非常に面白そうです!文庫というのもいいですね。こういうコラムはちょっとした時間に読みたいものです。

という感じでざざっつと過ぎていきましたが、他にもいっぱいしおんさんによる本への(活字への)愛が溢れています。今回図書館で借りたのですが、これで一番残念だったのがカバーをしっかり本体にテーピングしてあるため後扉絵の特別附録「火宅拝見」が半分も見られなかったこと。表紙カバーも微妙にカッティングされているので残念でした。これは書店で確認するしかないですね。

|

« あけましておめでとうございます【お正月背景セット♪】 | トップページ | キリぺた6000ありがとう!@俳句を求めて三千里 »

コメント

わたしも活字中毒ですw
・・っても最近なかなか時間がなくて(ブログのやりすぎかもですがw)読めてませんが。

↑これ、面白そうですね。
「本にまつわるエッセイ」興味あります。
移動中とかにいいんですよねエッセイって。
長編だとそのまま降りたくなくなっちゃたりしますから(笑)

今年も本情報含め、記事楽しみにしております^^

投稿: 美香 | 2007年1月12日 (金) 23時46分

【美香さま】
新年早々、背景をお借りしました。コメントが上手く入らなくてノーレスですがまた記事にしましたらトラバを送らせていただきますね。
三浦さんはエッセイの名手です。この本は文庫じゃないので移動中に読むには文庫落ちを待った方がいいかもですが、いつになる事やら(笑)
実は私もフルタイム勤務になって以来(それ以上にブログをはじめて以来か!)殆ど本をこなせていないので今年はいっぱい読みたいなって思っているところです。

投稿: ととろ | 2007年1月13日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/13366274

この記事へのトラックバック一覧です: 三四郎はそれから門を出た:

« あけましておめでとうございます【お正月背景セット♪】 | トップページ | キリぺた6000ありがとう!@俳句を求めて三千里 »