« 桜の季節が待ち遠しい【新入りBlogPetを当てようトラックバック企画 】 | トップページ | ツ、イ、ラ、ク »

2007年3月18日 (日)

陰陽師 瀧夜叉姫(上・下)

陰陽師 瀧夜叉姫(上・下)  夢枕 獏  文芸春秋

このシリーズはずっとリアルタイムで図書館で追っていたはずなのに・・・ちょっと読書ペースが落ちている間にどんどん出ていました(^^;
この本なんて2005年9月ですよ!なんてうっかりのととろ。最近全然新刊情報のチェックをしていなかったからなぁ・・・

私は源博雅の性格がとても好きです。安倍晴明の力はすごいのですが、ここぞという時の博雅の言葉はそれを超えて人や物の怪を動かすのです。
今回のお話は上下巻と言うこともありかなりのボリュームです。
都に次々と起こる怪事件、晴明はそこに都を滅ぼす恐ろしい陰謀をみる。
平将門の死を巡って彼の後にいる興世王とはいかなる人物か?
長編好きのととろですが、このシリーズは短編が好きかもです。もちろん入り組んだ陰謀を楽しむにはこれくらいの長さはいるのですが。

ちょっと調べてみたのですが、このシリーズはこれが最新のようです。最近は出ていないのですね・・・

|

« 桜の季節が待ち遠しい【新入りBlogPetを当てようトラックバック企画 】 | トップページ | ツ、イ、ラ、ク »

コメント

こんばんは。

平将門の方がメインになってましたよね。
時代小説としては、面白いんですけれど、
博雅や晴明の描写が少なかったのが、
ちょっと残念だったです。

2005年9月から新刊が出てないんですね。
またあの世界に浸りたくなってきました。

投稿: KOROPPY | 2007年3月18日 (日) 17時12分

【KOROPPYさま】
そうなのです。時代小説ではあるのですが、このシリーズの魅力は晴明と博雅の安倍亭での会話だったりします。彼らの絶妙な間合いが活字なのに伝わってくる。
今回はそれが少なかったですよね。

>2005年9月から新刊が出てないんですね。

(^-^;この辺は最近チェックを怠っていたので自信なし(笑)ちゃんと調べなくっちゃ!!

合っていた(^。^;)
文庫『陰陽師 太極ノ巻』 は出ていますがこれは既に読まれましたよね?
いろんなシリーズを抱えている方なのでなかなか出ないのかしら・・・

投稿: ととろ | 2007年3月18日 (日) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/14302809

この記事へのトラックバック一覧です: 陰陽師 瀧夜叉姫(上・下):

« 桜の季節が待ち遠しい【新入りBlogPetを当てようトラックバック企画 】 | トップページ | ツ、イ、ラ、ク »