« チューリップの折り紙背景【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | パン吉教入信しちゃった!! »

2007年4月22日 (日)

魂萌え!

魂萌え!  桐野 夏生  毎日新聞社

久しぶりに桐野さんを読みました。
今まで事件性のあるテーマをメインに人間の深層心理を描くの力の強い方だと思っていましたが、今回の作品は趣が違いました。

夫の急死後、愛人の発覚、息子と娘の身勝手な要求(そして自分を年寄りと先行きを決め付けた物言い)、友人たちとの関係の変化、夫の知人との新たな交流・・・今まで家の中で外の世界に深く関係することの無かった60歳の主婦が突如次々と起こる日常を否定されるような出来事に翻弄される。
自信をなくしたり、抑えられないほどの怒りに襲われたり、その中で少しずつ彼女が自分のこれからの人生の生き方を考え、自分の日常を守るべく考え立ち向かう姿がリアルに心にはいってきました。
自分もこれから彼女と同じ年に近づいていく。他人が思うほど60歳は老いてはいない、でも世間知らずの主婦を回りは軽視する。自分も後ん十年すれば息子や周りから世間知らずの主婦としてこんな風にあしらわれるかと思うと彼女のように自分の日常を守って反発しすぎず上手く自分をコントロールできるように自身を見つめられるかしら。
そんなことを考えながら読みました。
老いて回りに振り回されすぎず、かといって我を張りすぎず、自分の生活を守りつつ時の流れに沿いながら生きるのはなかなか難しいかもしれませんね。

少し前の桐野さんはかなり心の準備をしないと読めないキツサがありましたが、こちらはすごく自分を見つめながら読む事ができました。

|

« チューリップの折り紙背景【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | パン吉教入信しちゃった!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/14805989

この記事へのトラックバック一覧です: 魂萌え!:

« チューリップの折り紙背景【俳句deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | パン吉教入信しちゃった!! »