« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月24日 (木)

初夏の背景をお借りしました@セットで楽しむBlogPet

さて、季節も変わり目。背景作家さまよりどんどん新作が公開されています。ぴょんも季節を先取りです♪

webでお絵かき』柴成さまより「BlogPet背景☆初夏の森編♪ 」「BlogPet短冊@初夏の森編♪ 」にて森のセットをお借りしました。

初夏の森

シリーズとなっている「冬の森」が初夏の装いです。緑が白みを帯びて若さが溢れている。短冊もこの色合いはまた上品です。青空が爽やかで思わずハイキングに出掛けたくなる森の景色ですね。
ぴょんも元気いっぱい♪

「げんさくや ひょうげんしては よみなおす」ぴょんったら「ん?」って気になった部分があったのかしら?再読したのかな?

とてもステキなお花たっぷりの素材を作成される『Art.Kaedeフリー素材』さまにて「梅雨・かたつむりと虹」より2点お借りしました。

カタツムリ1カタツムリ2

←カタツムリにのるぴょん(笑)

→一緒に追いかけっこ?



左の作品は虹の橋をこかたつむりが渡っています。色もアジサイをイメージした美しいバックですね。
右の背景は梅雨の晴れ間のキリリと晴れた空にたくさんの雲が流れていきます。思わずカタツムリと一緒にアジサイの葉っぱに乗って空を渡っているような気持ちになります。

そして『あ!うん』たつぼんさまよりたくさんの背景セットをお借りしました。
BlogPet背景素材あっぷ[梅雨の晴れ間]」「BlogPet短冊素材あっぷ[いろいろぉぉぉ]」にて紹介されているセットです。昨年公開の背景とともにセットで楽しませて頂いています。

アジサイセット金魚セット

←アジサイのセットです

→金魚のセットです



蛍セット梅雨の合間

←蛍のセットです

→雷が鳴ろうがギラギラ太陽が照りつけようが寝てるぴょん(笑)



アジサイは水色の変化で表現されたとてもキレイ色素材ですね。背景の動きで雨がぽつぽつと降っているのがわかります。とても涼やかな背景セットです。
金魚は実はとても楽しい動きをするんですよ!

金魚の動き

マウスについてくる金魚(笑)。マウスをぴょんに持ってくると金魚もぴょんに戯れます。
シンプルな景色ですが、水草の緑と金魚の赤がこの動きをとても活かしてくれているわ。
短冊が夏の一句という趣があり、夏には是非季節感抜群の句を持って来て欲しいもの>この句はちょっとねぇ・・・(^-^;
蛍は夜の里山って気分満点です。たくさんの蛍に囲まれたぴょんは気持ち良さそう。俳句背景も夜らしさもあり絶妙の配色です。流れ星見っけ♪
梅雨の晴れ間の背景は時の流れを感じてください。夏の天気の不安定さが味わえます。夕立って一気に暗くなったかと思うとあっという間に上がって強い太陽の日差しが照り付けますよね。まさに夏~って感じです。

柴成さま、kaedeさま、たつぼんさまステキな背景をありがとうございました。

ぴょんの一言

ぴょんもとっても喜んでいます。

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

植物診断室

植物診断室  星野 智幸  文藝春秋

芥川賞候補作となっているとか・・・あまり候補作を追う事は無いのですが図書館の書架で見つけてタイトルに惹かれました。
なんとなく癒し系?とか勝手に思ってしまって。

お話はちょっと変わった感じです。会社では一匹狼、普段の生活は徘徊(散歩)と植物診断療法という診療所に通う独身男性がとあるキッカケで二人の幼児を持つシングルマザーから「夫でもなく、父親でもない、大人の男として息子の相手をしてほしい」と依頼を受ける。

???凄くあやふやな関係です。私にとってこういう話は初めてでした。
ただ、最後に感じたのは、彼の自分探しの話だったのか・・・と思ってしまったのはととろが単純すぎでしょうか?不思議な小説です。読後感は悪くないですけど、単に慣れていないだけかしら?

あまりによくわからなかったのでAmazonの感想をちょっと参考にと見に行ったのですが、星野氏の入門書として読むには適さないとか(あらっ)、『最後の吐息』、『アルカロイド・ラヴァーズ』を読む方がいいとのことでした。今度書架にそのタイトルがあったら手に取ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

愛知県美術館「若冲と江戸絵画」を鑑賞しました

話題の伊藤若冲の企画展が愛知県美術館にて開催されています。JAKUCHUプライスコレクション「若冲と江戸絵画展」

いよいよ会期も中盤を過ぎ、自分のスケジュールをみても出かけられるのは今日しかない。
午前中は親の用事があるため、午後急遽出かけることにしました。

実を言うとととろは若冲を今回初めて知りました。ちょっと調べてみると俄然興味が沸き生で観てみたい、知識は無いのですがそんな気持ちでした。
極細密の筆致に大胆な表現、非常に迫力があります。印象的、いろんな言葉が浮かびますがどれも言い尽くせない。鑑賞のためだけに名古屋まで出かけたのですが、思い切って良かったなと思いました。
本当にたくさんのコレクションを楽しんだひとときでしたが、他に特に印象的だったのは、円山応挙「懸崖飛泉図屏風」、長沢芦雪「白象黒牛図屏風」。

その後、もし都合のつく名古屋の友人がいたらお茶でもと連絡してみたのですが、急だったせいか残念ながら時間が合いませんでした。どうせ来週もその翌週も名古屋なので今日はそのまま帰宅しました。夕食の準備にも間に合っちゃったので簡単に作っていつもどおりの休日となりました(笑)
まま、来週、来来週は遊んじゃうので今日はちゃんとしないとね!

全展示作品フォトライフ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

柘榴熱

柘榴熱  宇佐美 游  実業之日本社

33歳既婚、子供無しの野瀬光希。出版社の契約社員として勤務している。
実は再就職の際既婚を出すとことごとく不採用になった経緯で、未婚と偽っている。
だが、職場の女性の中で一番年上、男性社員からは「オバチャン」と呼ばれ常にセクハラ的言葉を浴びせられている。

経済的にも性格的にも不満の無い夫だが彼とはセックスレス夫婦。以前の恋人とは「結婚している」と正直に告白したために別れた。今の彼、アルバイトの市村や同世代の友人未婚のキャリア多香美、DVを受けていても結婚生活を続けている伊都子、彼女の求めるものはいったいなんだろう。
これほどのリスクを負いながらも捨てられない市村との関係。

今の私にとって彼女の年齢は全然オバチャンじゃない。でも、若い女性とともに働いているとそうなのかしら・・・今の女性ってすごく元気だと思うのだけど。やっぱり見得とか競争心とか嫉妬心から逃れられないのねぇ。ととろも若さが欲しいって思うときはしばしばあります。こと恋愛に関してはそれは益々大きいと思う。
それにしても彼女の心の動きがよくわからない。若い男を逃したくないっていう所まではわかるのだけど、その後の彼女の病気とかがイキナリの展開だしソレに対する夫の態度も妙だ。それ以上に夫があまりに彼女に無関心すぎない?そこまで鈍感だろうか?夫婦って(笑)
いまひとつ共感できない小説でした。ととろが田舎者過ぎるのか?都会の女性はこうなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

玉の輿同盟

玉の輿同盟  宇佐美 游  角川書店

なんとなく軽く面白いものはないかと図書館書架を歩いていたら目に留まりましたこのタイトル。32歳、崖っぷちのOL3人が「結婚=幸せ」を求めて同盟を結ぶ。
医者、官僚、テレビマン・・・お見合いを重ね、いい相手のはずだったのに問題ありの男たち。でも、条件だけじゃなく手管だけじゃなく、感情によって彼女たちは泣き、笑い、悩む。そして見つけた幸せは?

何故か2冊もこの作者の本を借りてしまった。恋愛小説でも心にずしんとくる切ない話ではなくちょっとゴシップ気分で読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

こうさぎ繁殖中(笑)

いつもBlogPetの背景でお世話になっている『あ!うん』たつぼんさまより「BlogPet背景素材あっぷ[こうさぎ@リメイク]」にてこうさぎファン必見の背景セットをお借りしました。

こうさぎ背景多頭背景

←こちらが公開背景セットです

→増殖中(?)背景です



実は最初ととろはたつぼんさまのこうさぎsiosaiちゃんの背景(右の方の背景)が公開されているって勘違いをしてお借りしました。
でも、設置してみるとこうさぎ2兎しかいない・・・あれれ・・・クリックしたら増えるんかな?
クリックしまくる(笑)変わんない\(;゜∇゜)/
明日になったら増えるんかな?>オイオイ
増えない・・・

そして再度たつぼんさまの記事を読み直す(遅っ!)

きゃー、siosaiちゃんの背景は自分で探す宝探しだったのね!
昨日ずっと探しました、そりゃもう頑張って(笑)無い頭を使って必死に推理して!
結局、ずるっこしちゃった、ととろ。
たつぼんさま、やさしいっ!
晴れてぴょんもこうさぎ増殖背景をお借りする事ができました。

嬉しそうなぴょんをみてね♪

ぴょん1

わーい、わーい、お友達がいっぱいだ!
ぴょん2ぴょん3

←みんなで競争だよ!

→疲れて寝ちゃった、ぴょん



たつぼんさま、楽しい背景をありがとうございました。

*俳句背景は『あ!うん(ブログペット背景素材)』 の「blogpet」カテゴリー>jpgよりお借りしました♪

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

カンニング少女

カンニング少女  黒田 研二  文藝春秋

都立K高校3年天童玲美。成績は決して良くない彼女が入試を控えた十月、突如最難関私大・馳田学院受験を決意する。
彼女にはどうしても馳田学院に入らなくてはならない理由があったのだ。
そんな彼女が頼ったのは成績トップの愛香、陸上インターハイ選手の杜夫、機械オタクの隼人の3人。彼らが出した作戦とは「カンニングによる入試突破」だった。

まま、設定にも無理がある、理由にも甘さがある気もするんですが、内容はきわめて青春ものの王道を行ってます。
登場人物も魅力的、しかもカンニングって内容にそぐわないほど玲実は真面目で一生懸命勉強をします。自力で足りない部分をカンニングで補って最終目的の「合格」を手に入れようという可愛らしさ。
真剣に取り組むっていいよな、仲間っていいよな、そんな感じの読後感。ラストの小論文(って形になっている)よかったなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

母の日ですね♪

明日は母の日、でもととろ家は生憎と未だかつてととろ関連のお祝い事は誰も気にしてくれません。
しかも!明日は旦那の誕生日。勿論ととろはしっかりプレゼントも用意しているのです。
なんだかなー。
そこで先日よりBlogPet背景作家様からステキな背景をお借りしてささやかに「お母さん頑張ってるよ(゚-゚*)(。。*)」って言ってます。

猫のお凸』凸ねこさまが母の日背景セットを公開中。「お母さんは大変です?!」より背景と短冊を2種お借りしました。
ぴょんにはPOC背景をお借りしましたが、『ととろのおもちゃ箱』に住むこねずみjerryにもノーマル会員用をお借りしました。これは絶対にこねずみにもお似合いよねっ!俳句背景はもちろん収集中の「お母さんありがとうdeみんな」です。

マザーズデイjerry

←「マザーズデイ」セットはバックのチェックがとてもかわいい。

→こねずみの愛らしさが倍増です



カーネーション1カーネーション2

←俳句背景がメッセージカードのようですね

→カーテンの透け具合がとても気品がある



そして先日お借りした『INSTINCのおもちゃ箱』モンビッケさまより不思議の国シリーズに新作が出ています。
不思議の国のモン2007【BlogPet背景】」よりたくさんのカラーを揃えていただいてる中ブルーとグリーン、そしてスペードとハートのフレームと俳句背景をお借りしました。

グリーンセットブルーセット

←グリーンセットです

→ブルーセットです



ハートとスペード仕掛け

←ハートとスペードのセットです

→ペットが前に来るとロゴの色が赤くなるの



そして春らしいフレームを『webでお絵かき』柴成さまより「BlogPetわくわく♪ジャスミン編 」です。
ととろの好きなシンプルフレームも一緒に追加されている。今回の組み合わせはとても好みなのでうれしいです!

ジャスミンシンプルフレーム

←ジャスミン、お花は小さくないけれど背景ととても馴染むフレームですね

→シンプルフレーム新作♪色がキレイ!好きです



お似合いセット

先の凸ねこさまのマザーズデイとのセットがとてもお似合いでした。
特別出演は『おさーん おぶ ぱにゃらいふ』はやたろう♪くんです。久しぶりだねぇ!元気?!って言う間に帰っちゃった、残念です。

おかげさまで元気が出ました。凸ねこさま、モンビッケさま、柴成さま♪いつもステキな背景をありがとうございます。

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

波に座る男たち

波に座る男たち  梶尾 真治  講談社

SF作家さんだと思っていた梶尾氏、本作でそのイメージが一新しました。
一風変わったやくざもの?ううん、男気溢れる人情と気合の心意気、読後はこの面々を好きになります。

タイトルは「波座師」から来ているのでしょうか。日本伝統の鯨捕りの漁師のこと。
そう、任侠ものに鯨捕り?この突拍子も無い組み合わせが面白い。
食い詰めたヤクザ一家大場会を解散する。大場会長は借金のカタに手に入れた捕鯨船で「日本の食文化を守る!」と鯨の密猟に乗り出す(笑)
部下もそして債権を取られた築地の小料理屋主、若頭の彼女(なんとこの美女が波座師>笑)、若かりし頃の伝説のヒットマン源爺、それに捕鯨船をカタにされた水産工場代表。「任侠丸」出航!
ここに過激な環境保護団体やら台湾マフィアだのが絡んで波乱万丈の彼らの行く手に現れた巨大鯨「メフィスト」。

それでも人情ものなのですよね。非常に爽快な一冊でした。>実はととろ任侠ものが好きだったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年上ぴょんが遊びに行きました【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】

5月6日夜ぴょんが久しぶりにお友達のところに遊びにいきました。
お相手は『のんびり前進じたばた生活』のうさびちゃんのところです。
そうです、うさびちゃんはぴょんより年下さんです。
レアですね。
実はこのツーショットはうさびちゃんの投稿「あそぼう(BlogPet)」にてお出掛け予告をしてくれたので、ブログ主まゆびさまとともにとても楽しみにしていました。

さてさて、どうぞ二匹の様子をごらんあれ。


12

←まずは置手紙♪

→これこれ、いきなり失礼なぴょん(;^_^A




34

56

78

やっぱり時期的にこどもの日の話題がいっぱい。お互い、たくさんのこどもの日背景を設定してもらったよね。

910

一緒にお礼をしましょうね。ペコリ!



1112

一緒にオネガイ、でも相手は中学生?



1314

(*^o^*)見つけてくれたんだね、ありがとう。



1516

まゆび教の信者ぴょんですもの、まずはこの一言ですよね。



1718

サビ教でもある?(笑)



笑えるやりとり、いったいキミたちは・・・

1920

2122

←年上ペットが気になる?

→どうしたんだ?ぴょん!



2324

2526

漠然とお話しする二匹(笑)

2728

うさびちゃんの目が光ってます>なになに?!



2930

なるほど公式フレームと注意事項だね。



3132

俳句に失敗、背景は知らん振り?



3334

血なまぐさい会話もする(爆)



35

キャっ!ぴょん、何を血迷った?!訂正しなさい、訂正!

36

うさびちゃん、気分を悪くしちゃったよぉ。そんなにこっそり囁いたって聞こえないじゃん!

止むに止まれず席を離れたととろは帰ってきたらぴょんも帰宅してました。
大いに失礼なぴょんでしたが、これからもヨロシクね、うさびちゃん。



実は同じ時間のツーショットをまゆびさまもキャプしていました。
年上ペットのぴょんちゃんが来た~♪ 」にて公開中。
今回は似た会話が多かったね。
こちらは『後姿ラブリー同盟』のTB企画「二匹deツッコミ」にエントリーします。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2007年5月 5日 (土)

黄泉がえり

黄泉がえり  梶尾 真治  新潮社

数年前に映画化された原作本です。
ととろは映画を当時みました。
そしてこの作品はかなり話題になっていました。天邪鬼のととろは映画化されてしまうと(しかもそれによってベストセラーになってしまうと)どうしても原作を読みたくなくなる(笑)
先に原作を読んでいる場合は映画を見るのは吝かではないのですが・・・何故だ?

でも、以前お友達『KOROPPYの本棚』KOROPPYさま「『黄泉がえり』 梶尾真治」や『のんびり前進じたばた生活』まゆびさま「梶尾真治さん著 「黄泉がえり」を読んだよ!! 」の感想にてその経緯で梶尾真治氏の作品に初めて触れ彼のファンになりました。
ということで、映画の余韻も薄れたことですし本作も手にとってみました(笑)>まさに時は5月っ、です!

5月のある夜、九州の地方新聞社の電話コーナーへの火の玉情報から事が起こります。場所は熊本市。
そして熊本市では過去に亡くなった家族が帰ってきたという現象が多発、最初は表に出なかったが噂が広まるとともに「黄泉がえり」として人々に認識されるようになる。
市当局もあまりの黄泉がえりの数の多さにこの局地的な現象に対応しなければならなくなり、独自の「特殊復活者」として受け入れを始める。
しかし、この現象の原因も不明であり、解明よりも対応が先行している。
そうこうするうちに黄泉がえった人々の中では言葉では表現できないながらも直感でこの事実と自らの行く末を知って行くのです。
最後には人と人の繋がりをしみじみと迫る形で終わった、ジーンと響く読後感ですがこころがほわっと温まる一冊でした。

映画とはメインテーマが違うと思いました。
黄泉がえり現象を使ったラブロマンスともいえる映画。これはこれでとてもよい出来だったと当時ととろは思いました。
でも原作を読んでみると、もうちょっと哲学的な(?違うか!)”彼”という存在を通して人の思いをより優しい暖かいものとして捉えている。
家族のやりとりも勿論だが、この辺がしっかりとSF色を出している。
まだ梶尾氏の作品は数冊を読むのみですが、『「避けられない現実」を乗り越えて至る奇跡』に非常に感動を覚えます。
本作もラストに行くにしたがってその色が濃くなっていきます。
今回もラスト100Pを越える辺りからずんずん心に迫り、途中では思いも寄らず泣けました。

梶尾氏を手に取るに至った柴成さまの『よみドキ♪ドキ☆』「黄泉がえり/梶尾真治著」にも併せて今回お邪魔しました。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

今日は「こどもの日」

BlogPet背景です!新作をお借りしていたのでお知らせをしなくては!
「こいのぼり」は本日までと決めてるととろ。今日お借りしたものもあるので短い期間となりますが、また来年も使わせていただくということで記録に残しておきましょう。

まずは子どもの日とは関係ないのですが、児童書の世界ということで。とてもステキな仕掛けがいっぱいの背景セットをお借りしました。
INSTINCのおもちゃ箱』モンビッケさまより「ハートの女王がやってくる?!【BlogPet背景】」です。

バラ園1バラ園2

←トランプの舞うバラ園に迷いこんだぴょん

→ぴょんが前に出るとバラの色が真っ赤に♪



フレームも外国風で物語の世界にピッタリ。そしてそして楽しい仕掛けが隠れているの。

扉画面トランプの兵隊

←これが最初の場面なのですよねぇ(゚-゚*)(。。*)

→そしてぴょんが寝るとトランプの兵隊が起こしに来る(笑)



最初の扉は一回のみの動きなので「もう一回みたいっ!」って方はどうぞ『BlogPet更新ボタン』をポチッとしてチャレンジしてみてね(笑)

◎なんと、本日こちらの背景にもセットにできる新作が公開されました!「不思議の国のモン2007【BlogPet背景】」、こちらはちょっと間に合わないようなので次回にお借りします!!くぅ~作家様のチェックは小まめにしないと・・・痛感ですわ!(笑)

お次は以前お借りした『猫のお凸』凸ねこさまがなんと追加でこいのぼり入り柏餅を(あっ!誤解を招きそうな表現だ>笑)公開されましたよ。

こいのぼり

ペットたちと一緒に柏餅でお祝いをしようね、ぴょん。
こどもの日までに気付いてよかったです。楽しい背景ですね。

そして本日気付いてよかったーというのが『webでお絵かき』柴成さまの「BlogPet短冊@こどもの日編♪ 」です。あまりにキレイで画期的な短冊でしたので即お借りしました。
三色ございますが、キレイ色に「女の子も楽しもう!端午の節句」ってコンセプトで水色と桃色をお借りしました。(いや、柴成さまのコンセプトはきっと違うと思うけれど(;^_^A )

代替テキスト代替テキスト

背景は『猫のお凸』、フレームは『やまとギャラリー』の組み合わせにしてみました



さて、実は柴成さまよりちょっと前に春背景の「BlogPet背景☆マーガレット♪編 」「BlogPet短冊@マーガレット編♪ 」セットをお借りしています。印象的な色と絵の美しさに思わず感動してしまったセットです。

青空マーガレット夕焼けマーガレット

←快晴の5月の空。爽快ですね。

→こちらは茜空の風景。情緒があります。



花びらの色もほんのり夕焼けに染まっています。とてもとても気に入っています。俳句も2割がた上手く感じられるのは気のせいでしょうか>親バカ(^^;

只今のぴょんの背景は「こどもの日フェアー」として昨年お借りした背景もランダムにて楽しませて頂いています。たくさんの作家様にお世話になっている次第です。本当に作家のみなさま、ありがとうございます!!

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »