« 年上ぴょんが遊びに行きました【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | 母の日ですね♪ »

2007年5月11日 (金)

波に座る男たち

波に座る男たち  梶尾 真治  講談社

SF作家さんだと思っていた梶尾氏、本作でそのイメージが一新しました。
一風変わったやくざもの?ううん、男気溢れる人情と気合の心意気、読後はこの面々を好きになります。

タイトルは「波座師」から来ているのでしょうか。日本伝統の鯨捕りの漁師のこと。
そう、任侠ものに鯨捕り?この突拍子も無い組み合わせが面白い。
食い詰めたヤクザ一家大場会を解散する。大場会長は借金のカタに手に入れた捕鯨船で「日本の食文化を守る!」と鯨の密猟に乗り出す(笑)
部下もそして債権を取られた築地の小料理屋主、若頭の彼女(なんとこの美女が波座師>笑)、若かりし頃の伝説のヒットマン源爺、それに捕鯨船をカタにされた水産工場代表。「任侠丸」出航!
ここに過激な環境保護団体やら台湾マフィアだのが絡んで波乱万丈の彼らの行く手に現れた巨大鯨「メフィスト」。

それでも人情ものなのですよね。非常に爽快な一冊でした。>実はととろ任侠ものが好きだったりする。

|

« 年上ぴょんが遊びに行きました【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | 母の日ですね♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/15034419

この記事へのトラックバック一覧です: 波に座る男たち:

« 年上ぴょんが遊びに行きました【二匹deツッコミ@後姿ラブリー同盟】 | トップページ | 母の日ですね♪ »