« ショック〜 | トップページ | とってもかわいい♪BlogPet時計 »

2007年7月22日 (日)

J  五條 瑛  徳間書店

五條さんお得意のジャンルですね。テロが日常化した近未来東京で、一つの組織の分裂とカリスマ的な女性「J」。そしてもう一人の主人公の少年。
テロが発生する場所には必ずJがいる・・・初めて会ったときから、彼女の個性に強く引かれた、しかし彼の一番大切な人がテロによって将来を絶たれて一度はJを憎む。
謎のテロ実行組織の内情と事件に直接関わらざる得なかった少年の現実を生きる強さを身につける過程が主軸に描かれていました。
「テロの外注」といういわば殺し屋的な仕事をボランティア組織が行うという設定が面白いと思いました。

この本は既に返却をしてしまいましたので、残念ながら詳細をこちらに書くことは難しい。返却時に五條さんの「革命シリーズ」第6弾「純棘―Thorn 」を入手!今までの話を殆ど覚えていないけれど(笑)非常に楽しみです。

|

« ショック〜 | トップページ | とってもかわいい♪BlogPet時計 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/15847910

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ショック〜 | トップページ | とってもかわいい♪BlogPet時計 »