« となりの姉妹 | トップページ | 才能に信託するはずだった(BlogPet) »

2007年10月24日 (水)

百人一酒

百人一酒  俵 万智  文藝春秋

俳人歌人として有名な俵万智さんのエッセイを読みました。
俵さんの著作はなんと出世作『サラダ記念日』以来(とても斬新ですごく共感して図書館派のととろにしては珍しくつい買ってしまいました!)です。
勿論エッセイはお初。前に『チョコレート革命』が出たときはちょっと気になっていたのですが、ついつい見過ごしてしまいました。

ちょっと肌寒くなるとお酒が恋しい季節となりますね。ととろは母となって以来、家ではまず殆どお酒を飲まなくなりました。なんだか家事が面倒になってしまうのですよ。
でも、お外で頂くのは量はさほどでは無いけれどとても好きです。親しい人や気の合った人と一緒の酒席は本当に楽しいものです。
実は今回のエッセイを読むまで俵さんがこんなにお酒好きの楽しい方だとは知りませんでした。珍しいものや高価なもの、そしてなかなか立ち会えない席のお話を聞けるのも立場上の利もあるのでしょうが、きっと俵さんの人柄がそういうものを呼び寄せるんだと思いました。
自分にはきっと一生出会うことも無いであろうお酒の話も嫌味なく楽しめるのは本当にスバラシイ!
お店やお酒の情報もその都度載せられていて、文庫が出ているので絶対に買おうと思います。酒好きの友にも贈りたいわ(笑)
中でも非常に面白かったのが、俵さん曰く「お酒好きで人間好きの人ならば一度は思うだろう『バーカウンターの中の人になってみたい』」をしっかり実践、新宿ゴールデン街の「クラクラ」でアルバイトをはじめる。時給1300円。>爆

あぁ、こんなお姉さまが知り合いにいて誘ってもらえたら幸福だろうなと思っていたら、ナント私のが一個年上だった!!\(;゜∇゜)/

俵万智さん公式HP『俵万智のチョコレートBOX

|

« となりの姉妹 | トップページ | 才能に信託するはずだった(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/16861147

この記事へのトラックバック一覧です: 百人一酒:

« となりの姉妹 | トップページ | 才能に信託するはずだった(BlogPet) »