« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

夏祭りの予感♪_ぴょん背景

汗ばむ季節となりました。
そろそろ夜が待ち遠しくなります。
ぴょんにもそんな楽しみを用意してみました。

まずは『Art.Kaede』AKさまより「日本の夏/花火」から2種類お借りしました。

AKさま

ととろがメロンに惹かれたことは一目瞭然。
「花火にメロン」「朝顔にメロン」
あぁ、ジューシーで高価なメロンが美味しそう(笑)

食い気だけではいけません。幻想的なセットもお借りしました。
猫のお凸』凸ねこさまより「BP背景・短冊素材『The Celtic moon』UP」と「六月の素材-『蛍』背景(Flash)俳句背景(Jpeg)UP」のセットです。

moonhotaru

印象的な三日月が非常にカッコイイ。蒲の穂とこうさぎとはピッタリな(笑)舞い飛ぶ蛍の中うたた寝しちゃったぴょん。

moon2

この動きがまた素敵なんですよ。湖面に映る月影に異国気分が盛り上がってしまいます。


とっても元気で華やかな背景もいっぱいお借りしました。
NEOといっしょ』Rumiさまより「BlogPet背景 花火大会2008改」を2つのカラーで。

花火ブルー花火ピンク

鮮やかな花火がバンバン打ち上げられます。ぴょんも大喜び。
ピンクの背景は「ありえない~」ってRumiさまは仰ってみえますが、非常に綺麗で可愛らしい。ペットならではのお祭りバージョンって感じですごくいいな♪

もう一枚「Blog Pet背景 ノリノリ」もお借りしました。

ノリノリ

ネオンのようなスポットライトのような、そんなステージでダンスを踊りまくっているぴょん。キミこそスターだ!ってところでしょうか。お友達が遊びにきて一緒に踊って欲しい背景です。

そして『INSTINCのおもちゃ箱』モンビッケさまより評判の「ブログペットスクリーンショットBBS」投稿専用フレームの新作です。
スクリーンショットフレーム(トランプ)

トランプフレーム

最初にトランプカードが現れ、捲れる動きが楽しめます。こちらのカメラをクリックしてBBSに投稿してもらえたらとっても嬉しいな。

たくさんの背景をお借りして、ぴょんは夜遊び三昧の日々を送りそうです(笑)
今回も楽しい素材をありがとうございました。

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月27日 (金)

落胆するはずだったみたい(BlogPet)

ととろは、落胆するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「ぴょん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

イベントがいっぱい♪_BlogPet素材(BlogPet)

ととろの「イベントがいっぱい♪_BlogPet素材」のまねしてかいてみるね

6月10日付け記事を作成されました(お凸』柴成さまのイメージ背景等の3歳お絵かき』たつぼんさまが揺らめいている『猫の「蒼星湖」が起こる、かも。

*このエントリは、ブログペットの「ぴょん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

イベントがいっぱい♪_BlogPet素材

6月10日付け記事にてご紹介しました『Shohoji Labs.』にあるサイト「ブログペット スクリーンショットBBS」。Lanタソさまより新たな機能が公開されました。それは「ブログペット スクリーンショットBBSのブログパーツ」。
My Petの新規投稿がサイドバーに表示できるブログパーツです。
こちらでは自分のペットでの最新投稿をブログサイドバーに表示できるもの。BBSへリンクで飛ぶこともできますよ。詳しくはLanタソさまの該当記事をご覧下さいませ。そしてぴょんへの一言もどんどん投稿してね(おねだり?!>笑)

さて次なるイベントはいつもぴょんの背景等の素材でお世話になっている『あ!うん』たつぼんさまのブログ開設3周年記念&こいぬ はるかちゃんの3歳お誕生記念です。その中で「ブログ開設3周年(ルパン三世~タイプライター~)」。

ルパーンルパーン

「CLICK!」をクリックするとルパンのテーマと共にあのカッコイイタイトルバックが現れます。残念ながら既に受付は終了していますが、ととろはこのフレーズ依頼に間に合ってオリジナルに追加した「ぴょんバージョン」を頂きました。
さらに『猫のお凸』凸ねこさまが「BPフレーム『悪サァ~P-38』&俳句用短冊素材、大家からこっちに移転。」でフレームと俳句背景のコラボ素材を作成されました。

コラボセットぴょん

←WP-38の銃口がペットを狙う!!!

→しかし防弾ガラスに守られていた(笑)ガラスの割れる様子が超カッコイイです




オリジナル


お嬢もたつぼんさまにリクエストしたんだね。二匹のオリジナルタイトルバックです。
  

(6月29日追記)
諸事情により現在こちらの素材は配布されていません。ただ、ぴょんにお借りした作品としてのみ残させていただきます。凸ねこさまにはどうぞよろしくお願いしたします。

幻想的な美しい背景セットは『webでお絵かき』柴成さまよりより新たなるシリーズ「蒼星湖」が公開ラッシュ♪♪♪
今回お借りしたのは「BlogPet短冊@蒼星湖編♪」、「BlogPet背景☆蒼星湖編」、「BlogPetわくわく♪青薔薇編 」、「BlogPet短冊@蛍編♪ 」です。

蒼星湖蒼星湖ホタル

なんて幻想的な美しい背景なんでしょう!最初見せていただいた時、うっとりしてしまいました。そしてその秘密は「BlogPet背景☆蒼星湖・睡蓮編Flash♪ 」こちらで明かされる。ファンタジーのイメージ背景だったんですね。ってことで後でこちらの背景にも気付き慌ててお借りしました(笑)
睡蓮の花が揺らめいて物語の行く末を示唆している?!何かが起こる、何が待ってる?なぁんて、ね。

蒼星湖睡蓮蒼星湖睡蓮

夏の夜は長いですね。ついつい夜更かしをしてしまうのは飼い主もペットも同じ、かも。
いつもお世話になります。ありがとうございます。

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

ぴょんが(BlogPet)

きょうぴょんが関係したかも。

*このエントリは、ブログペットの「ぴょん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

梅雨シーズンも楽しくね_BlogPet背景

雨が降ればじめじめと晴れれば蒸し暑い、そんな梅雨の季節となりました。
そこで雨がとっても似合うお花、紫陽花の素材をお借りしました。

猫のお凸』凸ねこさまより「雨の季節【あじさい】折り紙風背景(フラッシュ)俳句素材UP」の三点セットです。

凸ねこさま

雨降りの紫陽花の街、カタツムリの出番です。フレームは色のハッキリした紫陽花で引き締まります。俳句背景は梅雨の晴れ間の清々しさを感じます。名前の上にカエル君が跳ねてる♪

Art.Kaede』AKさまより「梅雨・顎紫陽花」紫陽花の背景を2種。

AKさま

他にも素敵なカラーが揃っていますよ。格子越しの紫陽花の庭。雨上がりの雫が煌めくとても綺麗な素材ですね。

くるみるく』ひるねこさまより「ブログペット壁紙-紫陽花三種」から2枚お借りしました。

あじさい

上はナチュラル。こんもりとたくさんの花蕾をもった紫陽花のベットのようで、ぴょんったら気持ち良さそうだなぁ。
下の一枚はどこか和のテイストを感じる一枚ですね。

そして「138・139-向日葵 壁紙

向日葵

色も赤と黒のバックグラウンドという強い背景。そこに大輪の向日葵が一輪。かっこいい!

webでお絵かき』柴成さまより「BlogPet短冊@雨とアジサイ編♪ 」紫陽花の俳句背景3枚と「BlogPet背景☆雨粒と紫陽花編♪ 」背景のセットです。

ブルーグリーン

ピンク

色違いのそれぞれに印象的なカラーの俳句背景はとてもしっとりとした趣で物思う雨の日にお似合い。
セットの背景はバックグラウンドの印象的な効果で紫陽花が引き立っています。雨粒も紫陽花に向かって降りてきているみたい。しずくちゃんって童話を思い出してしまいました(全然イメージは違うのですが)。雨粒一つ一つが生きているような感じというか。

さて、最後にとても素敵なフレームです。

それは『INSTINCのおもちゃ箱』モンビッケさまよりお借りしました「BlogPetスクリーンショットBBSへ投稿する為のフレーム【BlogPetフレーム】」です!
既に有名になっているので皆さまご存知のことと思いますが、BlogPetの産みの親(?)Lanタソさまの個人ラボ『Shohoji Labs.』にあるサイト「ブログペット スクリーンショットBBS」への投稿専用フレームなのです!

スクリーンショットbbsスクリーンショットbbs

4種類のフレームがあります。そして紫陽花バージョンも♪
最初の説明ではととろには???でした。
まま、ぴょんにこちらのフレームが表示されたらカメラをクリックしてみてください。件のBBSのタブが開きキャプチャーが残ってる。コメントも書けるんですよ。
フレーム設定はPOCユーザー限定だからと落胆しないでね。お友達のユーザーさんがこのフレームを設定していたら、もしかしてmyペットが遊びに行くかもしれませんよ。そこをパシャリと撮ればmyペットもBBS参加できる!
勿論POCユーザーならば参加は思うがまま(笑)
なんて楽しい企画でしょう。今後の行方にもワクワク感がいっぱいです。

作家の皆さま、今回もたくさんの素材を本当にありがとうございました。

【注意】

背景をお借りするにあたっては配布作家さまの注意を必ずご確認ください。また『KOROPPYの本棚』さまの「BlogPet背景の利用はマナーを守って」ではとても分かりやすく基本的な配慮について解説されています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

あねのねちゃん  梶尾 真治

あねのねちゃん  梶尾 真治  新潮社

ファンタジックな表紙とこのタイトルにどんなお話かな?と大好きな梶尾さんの本を手に取りました。

「あねのねちゃん」は人付き合いの苦手な主人公の玲香が一人ぼっちだった幼い日に作り上げた架空の友人_イマジナリー・コンパニオン。
大人になるにつれて玲香の前から消えていたのが、OLになって失恋をキッカケに幼い日の姿のままで再び現れた。
そして玲香の周りで次々と不思議な事(玲香に悪意を持つ人々が被害にあうという)が起こり、それがあねのねちゃんの仕業だったことが解り、複雑な思いに苛まれる。あねのねを疎ましく思いつつ何かの折に頼ってしまう玲香。
そして彼女の孤独の原因の母親の事も悩みの一つだった。今の母は幼かった時の優しい母とは別人のようで、母から離れるために家を出て一人で暮らしている。そこにはあねのねの存在にも関係した驚くべき秘密があったのだった。

最初は心理学的なお話かな?と思っていましたが、ナント母親が登場してどんどん過激な展開となっていきました。終盤はバイオレンス!
でもラストは玲香のあねのねへの決別が切なく優しい気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

「クローバー」  島本 理生(BlogPet)

ととろの「「クローバー」  島本 理生」のまねしてかいてみるね

「ナラタージュ」もあるこの時のクローバーだと姉弟を出て優柔不断なので有名な冬に華やかな母親が一枚増えた雪村さんも冬は本作がメインにモーレツにアタックしましただけでもていただけでもて囃される四葉の熊野(あだ名>笑)もある。
父親ととろは思うの人生の強い華子と思って囃される四葉の強い華子に華やかな冬になっていた!
そんな姉弟の3枚増えたのでビックリでした雪村さんも読みたいと思いましただけでもて優柔不断な冬!
私は本作がメインにアタックしている。
私は家族のようだと思っていたのでビックリでした♪
大学生活の選択を振り回している華子と姉弟、ワガママで有名な母親が激しくいつも弟、なんです。

*このエントリは、ブログペットの「ぴょん」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

「クローバー」  島本 理生

「クローバー」  島本 理生  角川書店

恋愛小説「ナラタージュ」で有名なの島本さんですが、ととろは本作がお初でした。
双子の姉弟、ワガママで思い込みが激しくいつも弟を振り回している華子と心優しいけれど少々気を使いすぎて優柔不断な冬冶。
大学生活のため家を出て二人で住んでいる。そんな姉弟の恋愛小説、なんですが次第に冬冶の人生の選択をする時期でもあるこの時の迷いがメインになっている気がしました。
アクの強い華子にモーレツにアタックしている公務員の熊野(あだ名>笑)も冬冶に恋するちょっと変わった雪村さんもいい味です。
そしてクローバーというタイトルは家族のことらしい。父親と姉弟の3枚の葉では見向きもされないがそこに華やかな母親が一枚増えただけでもて囃される四ッ葉のようだと冬冶は思うのである。私は最初、恋占いのクローバーだと思っていたのでビックリでした。

機会があったら「ナラタージュ」も読みたいと思いました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「香菜里屋を知っていますか」

「香菜里屋を知っていますか」  北森 鴻  講談社

三軒茶屋の路地裏にあるビア・バー「香菜里屋」シリーズ完結編だそうで。
ちょっとドキドキしながらページをめくりました。
毎回、店を訪れる客の話す謎をマスターの工藤がカウンターの中から訥訥と解きほぐしてきました。
今回はちょっと最初から気配が違っている。
小さな軋みがマスター工藤とその兄弟子の香月の回りで起こり始めている。

そして、工藤の修行時代まで遡って香菜里屋の名前の由来が明かされるとともに香菜里屋が消えた。
常連客が香菜里屋(工藤)への思いを語る。そんなお別れ的な一冊でした。
きっと香菜里屋はどこかでひっそりと美味しい料理と度数の違う4種類のビールを揃えて謎を待っているのでしょう。

まずは1冊目「花の下にて春死なむ」がイチオシ、2冊目「桜宵」もかなりお薦めです。

KOROPPYの本棚』にて「『香菜里屋を知っていますか』 北森鴻」にて本書が取り上げられています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »