« レッツ!バレンタイン♪【ぴょんの背景】 | トップページ | うさ(BlogPet) »

2009年2月11日 (水)

ギフト

ギフト  日明 恩  双葉社

久しぶりに日明さんの作品を読みました。
彼女の警官や消防士のシリーズを読みましたが、今回はシリーズものではありません。

過去に傷を持つ元刑事と“死者”が見える少年明生の交流を描いたもの。
明生には、現世に心を残して亡くなった人が見える、そして死者も彼の存在を認識しているので話し掛けてくる。
生まれたときから彼はそうだったので、幼い頃から両親から疎まれていた。

それが元刑事の須賀原だけは、明生に触れることによって彼と同じく死者が見えるようになる。明生にとっては初めて自分を理解してくれる人物に出会い孤独から解き放たれる。
そして須賀原は別の意味で明生の能力に興味を持っていた。

明生は望まないのに死者からいつも話しかけられ訴えられている苦しみを抱えながらも彼らが死の世界へ心を解き放たれて旅立てるようにと話しを聞く。須賀原は自分は幸せになってはいけない人間だと世間からなるべく離れて慎ましやかに暮らしている。
そんな暗くなりそうな背景の二人が接点を持ち関わることで、二人の人生に大きな変化が起こる。

とても読後感の良い作品でした。
須賀原が働いていたレンタルビデオ店で明生が毎日『シックス・センス』の棚の前で借りもせずただ涙を流していた所から話が始まるのだが、映画館でみたこの映画をもう一度見たいなと思いました。

|

« レッツ!バレンタイン♪【ぴょんの背景】 | トップページ | うさ(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/44029433

この記事へのトラックバック一覧です: ギフト:

« レッツ!バレンタイン♪【ぴょんの背景】 | トップページ | うさ(BlogPet) »