« 雪山のログハウスにて_お客さまはゆきだるま♪【BlogPet背景】 | トップページ | 『白いひつじ』 長野まゆみ »

2010年1月31日 (日)

『鉄の骨』 池井戸潤

『鉄の骨』 池井戸潤 講談社刊

年々、根気がなくなっているようで本を読むという楽しみもうたた寝の気持ちよさに負けてしまう今日この頃。すっかり読書量も激減し新刊本を追うなんて夢のまた夢という毎日です。

でも、先日直木賞の最終候補に地元出身(しかも高校後輩)の池井戸潤さんの名前があがり、久しぶりに図書館へと行ってみました。
残念ながら受賞を逃しましたが、今回で二度目の最終候補、これからも応援したいものです。

銀行ものが得意な池井戸さんですが今回はゼネコン談合を扱った作品。なんともタイムリーな感もあります。
主人公は入社3年目の若者、中堅ゼネコンの現場から突然公共事業の入札を扱う業務課へと異動されるところから物語りが始まる。取引先の銀行に彼女がいたり、同じ時期に社会人となるが考え方にすれ違いが出てきて関係もギクシャクしてきたり、実家の母親が病気に倒れたり、何故か談合の重鎮との連絡役を言いつかったり、検察がその入札をターゲットにしていたりとよく知らない世界の話でも同感できるような設定があって非常に面白く楽しめる一冊です。
最後にはどんでん返しもある!池井戸さんの作品は読後感が爽やかなものが多いのも好きなところです。多作の方ですが、ますます上手くなられているなぁと思いました。

|

« 雪山のログハウスにて_お客さまはゆきだるま♪【BlogPet背景】 | トップページ | 『白いひつじ』 長野まゆみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/47445756

この記事へのトラックバック一覧です: 『鉄の骨』 池井戸潤:

« 雪山のログハウスにて_お客さまはゆきだるま♪【BlogPet背景】 | トップページ | 『白いひつじ』 長野まゆみ »