« 『鉄の骨』 池井戸潤 | トップページ | 仏果を得ず  三浦しをん »

2010年1月31日 (日)

『白いひつじ』 長野まゆみ

『白いひつじ』 長野まゆみ 筑摩書房刊

ひさしぶりの長野さんです。彼女の作品はある意味好みが分かれるもの。でも独特のちょっとおしゃれな作風はやはり心地よいのです。

本作はなんというか私の少女時代の漫画風設定みたいでした。あっという間に読めてしまうのです。ざくっと言えばファンタジー色の濃いかわいい少年のお話(笑)

長野さんの本は装丁が魅力的でいいわ。

|

« 『鉄の骨』 池井戸潤 | トップページ | 仏果を得ず  三浦しをん »

コメント

こんにちはー。

>ファンタジー色の濃いかわいい少年のお話(笑)
初期の頃のような作風なのでしょうか。
興味がわいてきました♪

投稿: KOROPPY | 2010年2月 1日 (月) 09時23分

初期ともまた違うような・・・(苦笑)
やはりあっちの色も多少あり。それに重きに置いてないという面ではKOROPPYさまも許せるかも。
私はやっぱ少女マンガチックなイメージから離れられなかったです。でも嫌いじゃないです。読みやすかったし。

投稿: ととろ | 2010年2月 1日 (月) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/47445786

この記事へのトラックバック一覧です: 『白いひつじ』 長野まゆみ:

« 『鉄の骨』 池井戸潤 | トップページ | 仏果を得ず  三浦しをん »