« 仏果を得ず  三浦しをん | トップページ | お雛まつりにお客さま【BlogPet背景】 »

2010年2月20日 (土)

焼き物を楽しんだ一日

隣町多治見市の窯元「蔵珍窯」で今年も恒例の「椿まつり」が開催されました。昨年、初めて母を誘って訪れたのですがとてもステキだったので今年は友人を誘い行くことにしました。皆、勤めているのですが丁度休日が合ったので今日は一日大いにのんびりしようと近場で遊ぶ計画をしました。

 まずはメインの「椿まつり」へ。昨年とはまた違った趣向での展示で250年前の建物には大きな囲炉裏もあり観賞後にはほうじ茶で寛ぐことが出来ます。また神社のある中庭でも椿で飾られているのです。

昨年はポストカードをお土産にしたのみですが今年は椿袋( お徳用袋) の小も買ってしまった。

友人たちも喜んでくれたのでそれもよかったです。

P1020280_2

P1020285

P1020292

P1020283_2

P1020302

 次に向かったのは丁度「雛めぐり」イベントをしている「本町オリベストリート」へ行ってみることにしました。

まずは、ストリート内にある噂のベーカリー「ARTIGIANO( アルティジャーノ)」にて店内のパンとブレンド珈琲で一休み。旧十六銀行跡地の大きな敷地に石造りの素敵なお店。広い店内には溢れんばかりの美味しそうな焼き立てパンがいっぱいです。ストリート散策後に再び寄ってお土産のパンを買ってしまったほど。お店の雰囲気がぴか一でした。

そしてストリートマップに添ってお店巡りをしたのですが、一番奥の「やままつ」さんの田中美佐子似の奥さんの熱心なお話についつい椿袋を買ったのに自分用の織部の湯飲みを買ってしまった。これはとてもあたりもよく手に馴染み染付けの色も柄もよかったのです。

新進地元作家の土田龍月作とのこと。陶磁器には詳しくないのですが薀蓄を伺うと器を使うときにも楽しい。若い作家さんが活躍できる場があるのはよいことですね。

 さて、その後は友人がこちらにできた回転寿司「蔵」に行ってみたいというので、寄ることに( )ベーカリーでランチがわりのパンを食べたのにまたまたしっかり食べてしまった。

その上、もう少しおしゃべりしたいのと私の買った椿袋の中身を知りたいと言うことで地元に戻ってファミレスでいちごパフェでおしゃべり。これで夕ご飯は家族の分だけを作って私は無しだわ。友人たちもきっとそうすることでしょう。お天気もよくストリート散策にピッタリで楽しい一日でした。

ちなみに椿袋の中身は運よく湯飲みは入っていませんでした。よかったよかった。

蔵珍窯本町オリベストリート」雛めぐり アルティジャーノ」 昨年の「椿まつり

|

« 仏果を得ず  三浦しをん | トップページ | お雛まつりにお客さま【BlogPet背景】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140290/47618634

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き物を楽しんだ一日:

« 仏果を得ず  三浦しをん | トップページ | お雛まつりにお客さま【BlogPet背景】 »